遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

【~2013年】聴いて絶対に損しないエロゲソング神曲20選

 突然ですが神曲を紹介する記事!ということで、あまり興味が無い人にも楽しめるように、選曲にもこだわり、解説付きでまとめます。

 クリスマスでも本ブログを見に来てくださっている方に向けて、普段絶対にまとめることがない記事をまとめたいと思います。

 

 

選曲方法などの補足

 大体2013年までに発表された楽曲の中で、楽曲のテイスト(ジャンル)・アーティストがなるべくバラバラになり、且つ有名な楽曲をあまり選ばないようにして、20曲選曲します。(実際のところ神曲なら大体有名みたいな所があるので、ある程度詳しい方はその辺り大目に見てください)

 あまり詳しくない人、良BGMを探している人必見です。

 

楽曲紹介

  • 01.「さくらとことり」

www.youtube.com

収録タイトル:『向日葵の教会と長い夏休み』

タイトル発売日:2013年3月29日

歌:はな

  • 楽曲解説

 この曲は特定のキャラのしかもEDに流れる曲なので、あまり知られていませんでしたが、ここ最近は良く知られるようになりましたね。作編曲は松本文紀さんで、ギターの音作りを中核とした楽曲の雰囲気は他の楽曲(「ヒマワリの教会」や「空気力学少女と少年の詩」)にも見られます。盛夏の蒸し暑い雰囲気、夕暮れの影を落とすような風景が見えてくる世界観が素晴らしい1曲。

 

  • 02.「eclipse」

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

収録タイトル:『燐月-リンゲツ-

タイトル発売日:2004年8月6日

歌:川田まみ

  • 楽曲解説

 川田まみさんはアーティストとして有名で、楽曲も多いだけに隠れた名曲も多いです。アニメではやはりシャナ(若しくはとある)で歌ったイメージが強いと思いますが、他の曲を知るほど色々な顔が見えてくるでしょう。1曲挙げるとすると候補が何曲もありますが、やはりこの曲に落ち着きます。

 

  • 03.「Philosophyz」

www.youtube.com

収録タイトル:『Rewrite』

タイトル発売日:2011年6月24日

歌:水谷瑠奈

  • 楽曲解説

 アニメも放送されたので知名度は高い1曲です。調べてみるとアニメで流れたのは2~4話と6話の計4話のみで、しかもアニメバージョンのOPだったようです。

 突き抜ける疾走感が特徴的ですが、編曲がMintJamさんだと知ればそれも納得です。

 

  • 04.「Knowing」

www.youtube.com

収録タイトル:『俺の彼女のウラオモテ』

タイトル発売日:2012年4月26日

歌:真里歌(Mar.na)

  • 楽曲解説

 Mar.naさんの歌声はもちろん、作編曲がMeis Causonさんなのでそれだけでもう間違いは無いですね。色々と聴き漁っている人なら好きな人もきっと多いはず。

 同タッグでは「quantum jump」「merging point」も外せないです。お二人にはユニットを組んで欲しいと個人的には常々思っています。

 

  • 05.「get the regret over」

www.youtube.com

収録タイトル:『闘神都市Ⅲ』

タイトル発売日:2008年11月28日

歌:片霧烈火

  • 楽曲解説

 片霧烈火さんも沢山名曲がありますが、やっぱりここに落ち着きます。作編曲はあのShadeさんなのでこの楽曲のクオリティも納得です。艦これ夜戦アレンジで広く知られるようになりましたよね。

 一応言及しておくと、この曲は『闘神都市Ⅲ』のOPではなく主題歌です。しかもこの曲が掛かるのは作中後半で、確か主人公が奪われたヒロインを救出して逃げる時に流れたものだったと思います(間違ってたら教えて下さい)。カラオケで歌えるというのもまた魅力。追加されたのはボカロブーム最隆盛の頃だったかな?

 このゲームの戦闘シーンは、一般的なターン制ではなく時間制でユニークなゲームシステムでしたが、正直面白いかというとそうでは無かったです(笑)

 

  • 06.「A night comes! UR@Nver.」

www.youtube.com

収録タイトル:『夜が来る! -Square of the Moon-』

タイトル発売日:2001年4月19日

歌:UR@N(AiRI)

  • 楽曲解説

 この楽曲はUR@NさんとShadeさんが初タッグを組んだ楽曲のようです(下記リンク参照)。2012年2月22日発売の『Puzzle』に収録されているので、ファンには待望のものとなったのは記憶に新しいです。ただこれはアレンジ版で、本来のゲームには豊田瀬利香さんという方が歌唱していますが、歌い方のニュアンス等がかなり変わっています。

 『Puzzle』は「風のように 炎のように」「Moon Story」「マーガレット」や、「Precious Memories」まで収録されているので、収録内容は相当豪華です。興味があれば「キラ☆キラ」関連も聴いてみると良いかもしれませんね。語り尽くせないので詳しいことは割愛します。

A night comes! | AiRIのブログ

 

  • 07.「Distorted Pain」

www.youtube.com

収録タイトル:『ゴア・スクリーミング・ショウ』

タイトル発売日:2006年1月20日

歌:電気式華憐音楽集団

  • 楽曲解説

 何故バンドマンがオタクになるとデンカレを好きになるのでしょうか?(笑)

 大学生当時入っていたサークルに多かったのでそういうイメージがあるのですが、バンドもオタ活も深みに達すると必然的にデンカレに辿り着くのかも…今はどうなんでしょうか。ちなみに、多くは語りませんが神ゲーです。

 

  • 08.「Imaginary affair」

www.youtube.com

収録タイトル:『こなたよりかなたまで』

タイトル発売日:2003年12月12日

歌:KOTOKO

  • 楽曲解説

 ストーリーは主人公が癌に侵され、余命宣告されたその幾ばくも無い命をなんとか全うしようとする話です。楽曲もKOTOKOでは珍しいしっとり系の曲調で、ゲームをプレイした人しか分からないこの曲の良さがそこにはあります。

 最近は分かりませんが、昔の全盛期は良く「OTOKO」とネタにされたりしていましたが、それだけ名曲が溢れているという裏返しですね。KOTOKOの名曲を語りだすとそれだけで1つの記事になってしまうので割愛します。

 

  • 09.「瞬間スプライン」

www.youtube.com

収録タイトル:『タユタマ -Kiss on my Deity-』

タイトル発売日:2008年7月11日

歌:Kicco

  • 楽曲解説

 Kiccoさんと言えばこの曲という位の曲です。個人的には「情熱のウォブル」と迷うところですがこちらを推したい。

 

  • 10.「magicaride」

www.youtube.com

収録タイトル:『マジカライド』

タイトル発売日:2008年7月4日

歌:fripSide(nao)

  • 楽曲解説

 この曲は私がエロゲソングを本格的に好きになるきっかけをくれた曲です。fripSideというと今やナンジョルノですが、古きオタクたちはnaoを想像するでしょう。

 なのでボーカルが変わると知ったときは泣きましたね(笑)。当時は「flower of bravery」でメジャーデビューを果たして、いちファンとして凄く嬉しかった頃だったので…。

 第1期の楽曲は名曲ぞろいなので、ナンジョルノしか知らない人は気が向いたら聴いてみて下さい。

 

  • 11.「ラムネ」

www.youtube.com

収録タイトル:『ラムネ』(LAMUNE)

タイトル発売日:2004年7月30日

歌:Duca

  • 楽曲解説

 明言しないのが暗黙のマナーなので一応避けますが、某青いタヌキ(じゃなくてネコ)が出てくるアニメの主題歌を歌っていることでも有名ですね。意外と知らない人は多いと思います。

 Ducaさんにも名曲が豊富にありますが、個人的にはやはりこの曲を選んでしまいます。この曲が入っている「12 Stories」は屈指の名盤です。

 

  • 12.「イマダケ」

www.youtube.com

収録タイトル:『ボクラはピアチェーレ』

タイトル発売日:2010年6月25日

歌:奏英学園軽音部 Starring I.o

  • 楽曲解説

 「未来はきっとshinydays」も良いのですが、個人的にはこちらを推したい。ボクピアの楽曲は、もう凄く良いです(語彙力)

 全ボーカルを担当されていたKanaさんは2011年に急逝されたので、今でも良く聴いているだけに、ここでしかこの歌声が聴けないというのは本当に寂しいです。

 

  • 13.「reach for the runway」

www.youtube.com

収録タイトル:『すまいるCubic! -水平線まで何マイル? アフター&アナザーストーリーズ-』

タイトル発売日:2009年4月24日

歌:Rita

  • 楽曲解説

 Ritaさんと言えばやはり「Little Busters!」ですが、楽曲数が多いので他にも良い曲がいっぱいあります。知名度はかなり低いですが、リトバスを知っている人なら好きな楽曲かなと思って選んでみました。

 一番好きな楽曲は「Princess Blood」です。

 

  • 14.「永遠の存在者」

www.youtube.com

収録タイトル:『ピリオド』

タイトル発売日:2007年12月21日

歌:pigstar

  • 楽曲解説

 エロゲソングにも男性歌唱の楽曲があるよという1曲。カラオケにも入っていますが、マイナー過ぎて歌うと周りがポカーンとなります(経験談)

 普通に聴いたら全くそういう風には感じないですし、pigstarはアニメや映画の主題歌も歌っています。長らく活動休止していましたが、2018年2月に復活ライブが行われたようです。

 

  • 15.「瑠璃の鳥」

www.youtube.com

収録タイトル:『殻ノ少女』

タイトル発売日:2008年7月4日

歌:霜月はるか

  • 楽曲解説

 シモツキンにも名曲は沢山ありますが、1曲だけ挙げるとするならこの曲以外の選択肢は無いとすら言える1曲。作編曲のMANYO(まにょっ)さんはここ最近ではうまるちゃんEDの「ひだまりデイズ」がよく知られているかな?

 紹介し切れないので名前だけ挙げると、「夏の羽音」「風の理」なども名曲だと思います。同人ですが「紅一葉」のカバーもあります。

 

  • 16.「ETERNAL NIGHT -堕天-」

www.youtube.com

収録タイトル:『朝の来ない夜に抱かれて -ETERNAL NIGHT-』

タイトル発売日:2002年6月20日

歌:Rie

  • 楽曲解説

 隠れた神曲。歌っているRieさんとは誰なのか一切分からない位にはマイナーですが、中毒性は抜群で2度3度と聴きたくなります。ここ最近の楽曲と比較すると明らかに「一昔前だな」と感じてしまうので、人を選ぶかと思います。

 

  • 17.「エンドレス・ノー」

www.youtube.com

収録タイトル:『the Second Reproduction』

タイトル発売日:2008年12月28日

歌:encounter+(桃梨)

  • 楽曲解説

 2011年に活動を休止したコンポーザー流歌さんを擁するユニット。アルバム「tour」は名曲揃いです。ゲームも同人ゲームなので、楽曲の完成度と反比例して知名度はかなり低い。個人的には曲名である「エンドレス・ノー(Endless Know)」という命名センスが狂おしいほど好きです。

 他楽曲は「新世界-whole new world-」などもオススメです。

 

  • 18.「Dissonant chord」

www.youtube.com

収録タイトル:『PRINCESS WALTZ』

タイトル発売日:2006年4月28日

歌:NANA

  • 楽曲解説

 NANAさんを知らない人でも歌声を聴けば"あの人"と分かる人もいるでしょう。

 歌声は丸みがあって、しっとりした曲調に合うような印象ですが、アップテンポで疾走感がある楽曲も多くそのギャップが魅力です。

 

  • 19.「Promised Land」

www.youtube.com

収録タイトル:『StarTRain』

タイトル発売日:2006年9月22日

歌:遊女(ゆな、YuNa)

  • 楽曲解説

 遊女の読み方は"ゆうじょ"と読まずに"ゆな"です。

 和音のリフがとにかくエモい。永遠に聴ける。遊女さんは「シークレットゲーム」が有名かと思いますが、この曲は隠れた名曲として有名かもしれません。

 

  • 20.「Reconquista」

www.youtube.com

収録タイトル:『レコンキスタ』

タイトル発売日:2007年6月22日

歌:飛蘭(Faylan)

  • 楽曲解説

 飛蘭さんと言えば、CANAANの主題歌「mind as Judgment」の衝撃は大きかったですね。メジャーデビューする以前に定着した曲調を引き継いで、メジャーデビューしたような印象があります。他は「Never Slash!!」も良いですが「Endless sorrow」も捨てがたい。

 あまり知られていないと思いますが「魂響」には飛蘭ver.が存在します。

 

まとめ

 聴いて絶対に損しないエロゲソング神曲を20曲まとめました。

 最初は10曲だけのつもりでしたが、纏めだしたら20曲では到底紹介し切れなくなってしまったので、需要があるようなら今後またまとめるかも…しれません。

 それではまた。