遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

2019年3月6日から入手可能な《オベリスクの巨神兵(ミレニアムレア)》入手方法・初動相場まとめ!

 今回は2019年3月6日(水)より入手が可能となっている《オベリスクの巨神兵》のミレニアムレアについて、その概要と入手手段から初動相場までをまとめていきたいと思います。

 

 

該当カードが入手出来るイベントとは?

  • 概要

f:id:aqn1313:20190309045858p:plain

 《オベリスクの巨神兵》のミレニアムレア2019年3月6日(水)より行われているイベントである「海馬コーポレーションからの挑戦状」で入手可能なカードです。合計3万枚限定のカードとなっていることから、最近注目を集めています。

 このイベントは『遊☆戯☆王DM』とSCRAPが初コラボした、全国3都市で行われる体験型謎解きゲーム・イベントです。そのイベントを見事クリア出来た人が入手出来るカードという訳ですね。

 

  • イベントの詳細

・ストーリー

社長・海馬瀬人のカリスマ性と圧倒的な資金力により世界のトップ企業へと躍進した海馬コーポレーションは、自らが開発したソリッドビジョンをさらに改良し、
街全体をソリッドビジョンで再現する「ソリッドビジョン・スフィア」を完成させ、その最新システムのテスターを海馬コーポレーションに招集した。

「諸君にはこのソリッドビジョン・スフィアで、バトル・シティを体感してもらう!!」
海馬の号令の元、装置が起動し、周囲にバトル・シティの世界が広がる。
あなたはこの仮想空間で、テスターとしてバトル・シティのデュエルを体験することになる。

「さあデュエリストたちよ、この仮想現実のバトル・シティでデュエルキングの称号を手にするのだ!!」

 

<イベント公式サイトより抜粋>
http://www.scrapmagazine.com/event/yugioh/

 

  •  開催場所・日時

・東京 3月6日(水)~
場所:東京ミステリーサーカス

・名古屋 3月13日(水)~
場所:ナゾ・コンプレックス名古屋

・大阪 3月13日(水)~
場所:アジトオブスクラップ大阪ナゾビル

  • チケット関連

 前売券が2月23日(土)正午12時から発売され、完売になった場合当日券は無し。チケットは1枚税込み1,500円

 東京公演のチケットの残数を調べてみると、3月9日(土)の現時点では3月13日(水)以降から平日に空きが出てきているようでした。公演スケジュールも表では5月31日(金)まであるため、カードが何時まで入手出来るかは不明ですが、イベントを体験することは容易のようです。

 

  • ゲームシステム

制限時間:なし
所要時間目安:60~120分
チーム人数:制限なし
場所:屋内

 

初動相場について

 このカードの初動相場を調べてみると、1枚5,000~6,000円程度が相場となっているようです。「合計3万枚限定のカード」という触れ込みがあるため相場が高くなっていますが、実際の所はそれほど相場は高くならないのではないかと思います。

 公演スケジュールを確認してみると分かりますが、30分置きに行われているイベントに参加できる人数がそれほど多くないため、3万枚限定と言えど現在の相場は東京で開催されたもののごく一部が流通したに過ぎないでしょう。またチケットもまだまだ購入可能なようなので、欲しい場合実際に参加した方が良いでしょうね。

f:id:aqn1313:20190309053248j:plain

名古屋公演の定員はほぼ確定で1回チケット8枚

 またカード表記も型番G4のものと類似していますし、《オシリスの天空竜》《ラーの翼神竜》のミレニアムレアが無いので並べて鑑賞・・・ということも出来ないのがちょっとコレクター目線で言えば勿体無いかなと思います。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190309054500j:plain

 

  •  ヤフオクでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190309054524j:plain

  • twitter買取の様子

※今後あれば追記予定

 

  • 以上をまとめると?

 現状メルカリでは9件、ヤフオクでは1件の取引が見られました。

 3月13日(水)を皮切りに徐々に出品が増えてくると思いますので、このカードが欲しい場合実際にイベントに参加するか、待った方が良いでしょう。

 

まとめ

 《オベリスクの巨神兵》のミレニアムレアについて、その概要と入手手段から初動相場までをまとめました。

 カード自体は型番G4を模したもののため、プレイで使用できない完全コレクター向けのカードになります。《オベリスクの巨神兵》にはイベント配布のKCや、デュエルセット付属の20thシクなどがあるため、それらを揃えている人にとっては差分で手に入れたい1枚だと思いますが、実際の所そこまでコレクター需要が高くなるカードでは無いと思います。何か変化があるようなら今後追記します。

 それではまた。

 

  •  この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com