遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《No.11 ビッグ・アイ》が買取強化!複数デッキに採用が原因?!

 ここ最近《No.11 ビッグ・アイ》が高騰しています。何故このカードが値上がりしているのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190312202102j:plain

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/闇属性/魔法使い族/攻2600守2000

レベル7モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのコントロールを得る。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 《No.11 ビッグ・アイ》は2011年8月19日発売の「ザ・ヴァリュアブル・ブック14」にウルトラレアで初収録されたカードです。この商品にはNo.16 色の支配者ショック・ルーラー》《No.11 ビッグ・アイ》2枚がウルトラレアで収録されています。

 初収録から7年半が経過していますが、未だに再録が無いカードでもありますね。

 

f:id:aqn1313:20190312202522j:plain

「ザ・ヴァリュアブル・ブック14」表紙

f:id:aqn1313:20190312202428j:plain

《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》

 

値上がりの理由

 これは2019年3月9日発売の「ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-」で登場した新規カテゴリ「エンディミオン」の影響です。

 「エンディミオン」は魔法使い族で統一されているデッキであり、レベル7のモンスターが主力となっています。そのため相性が良くデッキ採用出来るため値上がりしているようです。

 ここ最近では「20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(レジェンドコレクション)」において「ブラックマジシャンデッキ」や「レッドアイズデッキ」などのデッキの強化も行われていたため、そもそも需要が高くなっていたことも影響しているでしょう。

 

  • レベル7の「エンディミオン」カードはこちら

・《神聖魔導王 エンディミオン》

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190312203901j:plain

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2700/守1700

(1):このカードは自分フィールドの「魔法都市エンディミオン」に置かれている魔力カウンターを6つ取り除き、手札・墓地から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動する。そのカードを手札に加える。
(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

・《エンプレス・オブ・エンディミオン》

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190312204010j:plain

ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻1850/守2700

【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「エンプレス・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。
(2):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

・《創聖魔導王 エンディミオン》

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190312204023j:plain

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700

【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで、フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。
(2):魔力カウンターが置かれているこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。

 

現在の相場について

 このカードの現在相場は1枚700~900円となっているようです。

 2~3ヶ月前では1枚500~700円ほどで入手可能だったようなので、+200円ほどの値上がりになっているようです。「20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(レジェンドコレクション)」発売以降からネット取引では値上がり傾向にあったようですが、「ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-」の発売を機に店舗でも買取強化が行われるようになってきているようです。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190312204913j:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20190312204939j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 ネット取引では1ヶ月前から大きな相場変動は無いようですが、店舗相場はここ1週間で高騰しているようです。

 カード自体は以前より良く使われる強力なカードだと思いますので、元々1枚は持っている人も多いであろうことを考えると、そこまで大きな高騰にはならないだろうと思います。

 ただ何かと使われるカードですので、これから入手する際は今購入してもそこまで損にはならないのではないかなと思います。再録がちょっと怖いですけどね。

 

 

まとめ

 《No.11 ビッグ・アイ》の値上がりについてまとめました。

 「エンディミオン」に絡むカードがこれ以外にも色々注目されているようですね。今後も細かくまとめていきたいと思います。

 それではまた。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com