遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《魔導獣 キングジャッカル》が高騰!買取は1枚1000円も登場、相場は約3倍に!

 ここ最近《魔導獣 キングジャッカル》が高騰しています。何故このカードが値上がりしているのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190309184405j:plain

ペンデュラム・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1400
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。このカードを破壊し、自分のEXデッキから「魔導獣 キングジャッカル」以外の表側表示の「魔導獣」Pモンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを2つ置く。
(2):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの魔力カウンターを2つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 《魔導獣 キングジャッカル》は2017年10月14日発売の「EXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)」にスーパー・シークレットの2種で初収録されたカードです。以後これまで再録はありません。

 

値上がりの理由

 これは2019年3月9日発売の「ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-」の影響です。該当のデッキは「魔力カウンター」をデッキコンセプトとしており、「魔導獣」「魔導書」といったカテゴリの再録に加え、新規カテゴリ「エンディミオン」が登場しています。

 「魔導獣」カードの再録も影響していると思いますが、この「エンディミオン」は全て「魔力カウンター」に絡む効果を持っていることもあり、エンディミオンデッキ採用で《魔導獣 キングジャッカル》の需要が上がり高騰しているようです。

 

現在の相場について

 このカードの値上がり前はスーパー1枚200円前後、シークレット1枚300~500円程度が相場だったようですが、現在はスーパー1枚500~600円、シークレットに至っては1枚1000円を超える相場で取引されています。

 相場が落ち着いていた頃より約3倍近い値上がりになっているため、これから入手しようとしている人は注意が必要なカードとなっています。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190309190429j:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20190309190443j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitterの買取では1枚1000円で買取している店舗も登場しており、注目が集まっています。スーパーレアでも1枚300円以上で買取強化している店舗が複数見られますね。

 《魔導獣 キングジャッカル》と合わせて《魔導獣 マスターケルベロス》も使われるためこちらも買取強化されているようですが、《魔導獣 キングジャッカル》と比べると今のところそこまででは無いようです。

f:id:aqn1313:20190309204333j:plain

 

まとめ

 《魔導獣 キングジャッカル》の値上がりについてまとめました。

 「ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-」では「魔力カウンター」をデッキコンセプトとしていますが、「魔力カウンター」自体は3期から登場している概念です。関連カードが豊富にあるため、合わせてチェックしておきたいですね。

 それではまた。