遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《抹殺の指名者》初動は1枚1500円!?高額になっている初動相場まとめ!

 ここ最近《抹殺の指名者》が初登場しましたが、初動が非常に高額になっています。何故このカードの初動が高いのか、その理由と合わせて初動相場などをまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190521164638j:plain

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。宣言したカード1枚をデッキから除外する。ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

 《抹殺の指名者》は記事作成時点本日である、2019年5月21日発売の「Vジャンプ 2019年7月号」に付属として初収録されたカードです。

 

初動が高額の理由

 このカードの効果は汎用カードである墓穴の指名者》では対応できない魔法・罠カードにおいても使用できるため、注目が集まっていることが大きな要因でしょう。

 また、無効化をそのターンだけに絞ることが出来る(自分のターンが回ってきた時には使用できる)点も《墓穴の指名者》と比較して融通が利くようです。

 

  • 収録場所による高騰が大きい

 通常のパック収録とは異なり「Vジャンプ付属カード」であるため、1枚600円で確実に手に入れられるメリットの反面、数が限られているため入手が困難な地域も多いデメリットがあります。

 特にこのカードは《墓穴の指名者》と引き合いに出されることからも、複数枚必要になるはずなので、発売日数時間で売切れてしまっている店舗がかなり多いことが高騰に繋がっています。

 どうしてこんなカードを書籍付属にしたんだ…。

 

現在の相場について

 最初動は1枚1300~1400円でしたが、17時時点では1枚1500円前後が相場となっています。Vジャンプ1冊の値段の2倍以上となっているため、非常に大きな高騰になっていると言えます。

 Vジャンプ自体は増刷が難しいもののようなので、増刷に望みを託す…ということも難しいようです。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190521171151j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 5/21日17時時点では1枚1300~1600円までの買取が確認できました。

 Vジャンプ自体の買取を行う店舗まで出てきている状態です。遊戯王プレイヤーの買占めの影響で、Vジャンプを定期購読していなかった人の殆どは購入できていない状態なのは言うまでもないでしょう。

 twitterトレンド上位に「Vジャンプ」のワードが上がってきているほどこの問題に言及している人は多く、今回の件について疑問を感じている人は多いです。とはいえ、見方を変えればまだまだ遊戯王も現役だと言えなくはないですよね。

 

まとめ

 《抹殺の指名者》の初動相場についてまとめました。

 Vジャンプに魔法カードが付属したのは2001年7月号で行われた誌面プレゼントの《ハーピィの羽根帚》以来18年ぶりで、本誌に魔法カードが付属されるのはこれが初めてだと言うから驚きです。改めて考えてみるとVジャンプ付属はモンスターのイメージが強かったことに気づかされますね。

 それではまた。

 

  • その他の注目記事はこちら

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com