遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《マグネット・リバース》が高騰!制限改訂の影響で需要増加!

 ここ最近《マグネット・リバース》が高騰しています。何故このカードが値上がりしているのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181213175313j:plain

速攻魔法

(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族または岩石族の通常召喚できないモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 《マグネット・リバース》は2016年6月4日発売の「デュエリストパック-王の記憶編-」に字レアで初収録されたカードです。比較的新しめのカードで、現在まで再録はありません。

 

値上がりの理由

 これは2019年1月から適応される「リミットレギュレーション(制限改訂)」の影響です。2018年12月10日にtwitterにて発表されましたが、閃刀姫-カガリ》は制限に規制されました。

 その規制された《閃刀姫-カガリ》を使いまわすための案として《マグネット・リバース》が採用され始めているため、需要が増加し値上がりしているようです。

 

 

ここで紹介された変更点は以下の通りです。

 

  • 2019年1月の制限改訂一覧

・禁止
  • グローアップ・バルブ
  • ダンディライオン
  • トロイメア・ゴブリン
  • BF隠れ蓑のスチーム
  • ファイアウォール・ドラゴン
  • No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
  • Mーセイバー インヴォーカー
  • 神剣フェニックスブレード

・制限

  • オルターガイスト・マルチフェイカー
  • 水晶機巧-ハリファイバー
  • クロノグラフ・マジシャン
  • 閃刀姫-カガリ
  • マスマティシャン

・準制限

  • Em ダメージ・ジャグラー
  • 源竜星ーボウテンコウ
  • トリックスター・キャンディナ
  • 妖精伝説ーシラユキ
  • ルドラの魔導書
  • 停戦協定
  • パーソナル・スプーフィング

・制限解除

  • 彼岸の旅人 ダンテ
  • ブリューナクの影霊衣
  • 真竜皇の復活
  • 破壊輪

 

現在の相場について

 値上がり前は1枚100円程度でしたが、現在では1枚250~300円でも取引されるほど高騰しています。記事を書いている現在ではまだあまり広く注目されておらず、出品数も少ないために高く取引されている(メルカリでは記事作成時点で売り切れ)ようなので、実際の詳細な相場は不明です。購入の際は注意したいですね。

 詳細な相場が定まった際に覚えていたら追記します。

(2018年12月20日 追記)

 1枚300円程度に相場は落ち着いたようです。実際はもう少し安いかな?

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181213180407j:plain

 

  •  価格変動の様子

(※高騰前の相場参考)

f:id:aqn1313:20181213180452j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 現在までにtwitterで買取強化している店舗は3つのみのようでした。いち早く対応している強い店舗ですね。

 《閃刀姫-カガリ》2枚分の代用案として注目されており、需要が増していくと思われますが、実際の大会でまだ使われていないことには留意すべきかと思います。また、実際に使うとなった場合の採用枚数についても何とも言えないようなので、今後の動向次第で値段が決まりそうな感じですね。

 

まとめ

 《マグネット・リバース》の値上がりについてまとめました。

 元から店舗相場は1枚100円以上あるため、1枚あたりの相場はそこそこ高くなりそうな印象。「閃刀姫デッキ」を持っている人は押さえておきたい1枚ですね。

 それではまた。