遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《魔術師の右手》《魔術師の左手》《魔術師の再演》が需要増加!関連して注目すべきカードまとめ!

 ここ最近《魔術師の右手》《魔術師の左手》《魔術師の再演》が需要増加し高騰傾向にあります。何故このカードが値上がり傾向にあるのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190224153613j:plain

永続魔法

(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した魔法カードの効果を無効にし破壊する。

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190224153747j:plain

永続魔法

(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した罠カードの効果を無効にし破壊する。

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190224153702j:plain

永続魔法

(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、自分の墓地のレベル3以下の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「魔術師の再演」以外の「魔術師」永続魔法カード1枚を手札に加える。

 《魔術師の右手》《魔術師の左手》《魔術師の再演》は2017年1月14日発売の「MAXIMUM CRISIS(マキシマム・クライシス)」に収録された魔法使い族をサポートする魔法カードです。

 《魔術師の右手》《魔術師の左手》はノーマル、《魔術師の再演》は字レアで収録されましたが、現状ではこの1度きりしか収録が無いカードです。

 

値上がりの理由

 これは2019年2月23日発売された「デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ」にて新しく追加されたカテゴリである「ウィッチクラフト」の影響です。

  「ウィッチクラフト」は魔法使い族で統一されているカテゴリであり、下級モンスターには"手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる効果"があります。単純に効果の強さだけでなくコストにもなるため、《魔術師の右手》《魔術師の左手》《魔術師の再演》いずれも相性が良いカードとなっています。

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「(同名カード)」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。

※ウィッチクラフト下級モンスターの共通効果

 

  • イラストアドだけでなくデッキも強い!?

 「ウィッチクラフト」カードはそのイラストの可愛らしさも話題となっていましたが、ここ最近の大会では優勝もしていることから、デッキ自体の注目度も高くなっています。可愛いカードを使えて尚且つデッキも強力なら言うこと無しでしょう…。

f:id:aqn1313:20190224155448j:plain

f:id:aqn1313:20190224155459j:plain

 

 

現在の相場について

 以前は《魔術師の右手》《魔術師の左手》《魔術師の再演》いずれもあまり需要が高いカードではなく、各3枚の計9枚で300円で取引されるような安価なカードでした。それが現在ではどれも1枚100円以上で取引されており、需要が高まっています。

 以前と比べると相場が3倍近く高騰していますが、高騰というより需要が高まっているような状況なので、まだそこまで大きな注目が集まっておらず、今後更に値上がりする可能性があるでしょう。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190224160510j:plain

 

  •  価格変動の様子

・《魔術師の右手》

f:id:aqn1313:20190224160631j:plain

・《魔術師の左手》

f:id:aqn1313:20190224160701j:plain

・《魔術師の再演》

f:id:aqn1313:20190224160847j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitter買取はそれ程多くはありませんが、メルカリなどでは高値で取引されています。直近で優勝したデッキには採用されていない点がやや気になりますが、十分相性が良いカードだと言えるでしょうから、欲しい場合は早い方が良いかもしれません。

 カード効果とレアリティから自明ですが、相場的には「再演>右手>左手」の順で値上がり幅が高いようです。

 

小ネタ

 これらのカードと同様に「ウィッチクラフト」によって注目を集めているカードにはこんなものがあります。

 

  • 《錬装融合》

f:id:aqn1313:20190224161743j:plain

 このカードの(2)の効果である「このカードが墓地に存在する場合に発動できる。墓地のこのカードをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。」目当てで採用候補になります。実質手札1枚のコスト無しで下級モンスターの(1)の効果が使える点が強力です。

 

  • 《おろかな副葬》

f:id:aqn1313:20190224162244j:plain

 「ウィッチクラフト」の魔法カードは「自分フィールドに「ウィッチクラフト」モンスターが存在する場合、 自分エンドフェイズに墓地から手札に加える効果(若しくは魔法&罠ゾーンに表側表示で置く効果)」を持っています。そのため実質好きなウィッチクラフト魔法カードをデッキからサーチできるため強力です。

 《おろかな副葬》以外にも同様に「デッキから墓地に落とすことで回収に持っていけるカード」が複数あるので、近々まとめたいと思います。

 

  • 《サイレント・バーニング》

f:id:aqn1313:20190224165042j:plain

 このカードは「「サイレント・マジシャン」モンスターと組み合わせることで、6枚までのドローと、「サイレント・マジシャン」モンスターをデッキから手札にサーチできる効果」を持ちます。

 「ウィッチクラフト」は下級モンスターが全て"手札を捨てて発動する効果"を持つため、枯渇する可能性の高い手札を大量補充するカードとして注目を集めているようです。同じ魔法使い族ですし「サイレント・マジシャン」のサーチも可能ですので、一考の余地はありそうですね。

 

まとめ

 《魔術師の右手》《魔術師の左手》《魔術師の再演》の需要増加についてまとめました。

 比較的新しいパックに収録されたカードなので、大きな値上がりになることは無いでしょう。余っている人も多いと思うので、売りたい場合などにも参考にしてみてください。

 それではまた。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com