遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

純金製「青眼の白龍」個人的見解と初動まとめ!

  2019年2月4日に発売となった純金製青眼の白龍」が当選者の元に届き、その輝きや初動などが明らかになってきています。今回は現在話題になっていることや、その初動状況などをリマインドとしてまとめたいと思います。

 

 

はじめに

 本ブログでは純金製「青眼の白龍」の動きを細かくまとめていますが、今回の記事更新をきっかけにこれまでの記事内容の微修正とURL変更を行います。当時の情報を分かりやすく残す為に1つの記事に集約する準備のためです。

 本記事以外のURLを外部(検索・twitter)から開く際は当分の間「Not Found」となりますので予めご理解下さい。

 

改めて純金製「青眼の白龍」とは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aqn1313/20180526/20180526094524.png

 遊戯王OCGが2019年2月に20周年を迎えるということで、公式では「20th ANNIVERSARY」と題したプロジェクトを大々的に行っています。該当の商品は、その一環として発売となった商品です。

 数量は限定500個、価格は税込216,000円です。

 

当選者の到着ツイート

 該当の商品は予定通り、20周年となる記念日である2019年2月4日に当選者の元に発送されたようです。

  • 公式ツイート

 

  • 当選者ツイート

 

 

 

 

 

  • シリアルナンバー「001」を引き当てた猛者も・・・

 

 「001」を手に出来たなら感無量でしょうね・・・。

 

店舗買取募集一覧

 twitterにて店舗が買取募集している金額はこのようになっています。

 

 

 

 

 買取は60万が多いようですね。シリアルナンバーがかなり重要になってくると思われるので、シリアルナンバーがキリ番(「111」や「200」などのキリが良い数字)であったり、小さい数字であるほど付加価値がつき値段が変わってくるようです。

 

フリマサイト等の出品の動き

  • メルカリ

f:id:aqn1313:20190205222546j:plain

 

  • ヤフオク

f:id:aqn1313:20190205222607j:plain

f:id:aqn1313:20190205223207j:plain

 

個人的見解について

 色々と言いたい事はあるのですがそれはぐっと堪えて、客観的に判断できる事実から見解をまとめます。

  • この商品は純銀とは根本が違う

 まず前提として絶対に押さえておきたいのは、純金と純銀では出品している人物像が違うということです。

 純銀の場合、新弾を大量購入したプレイヤーが"応募出来るからなんとなく"で応募しているケースも十分にあるため、「当選しても要らないから売ってしまおう」と出品する場合も少なからずあり得るため、当選後直ぐに出品されるケースも一応理解は出来ます。

 ですが純金の場合は税込216,000円で購入している商品です。そのため「要らないから売ってしまおう」とは絶対になりませんし、当選後直ぐに出品されるというのは普通に購入しているのであれば明らかに理解できませんよね。

 

  • 純金製「青眼の白龍」は大きな話題になっていたこと

 この商品は大きな話題性のある商品であり、5chでまとめられるなど遊戯王を知らない人・昔に辞めてしまった人にも広く知られていたであろうことは想像が付きます。

 また、その話題性から当選すれば間違いなく元以上が返ってくるため、明らかな転売目的で応募しているケースも多かったはずです。遊戯王を全く知らないという人も数多く応募していたのではないでしょうか。

 

  • 現時点で出品している出品者について

 当然と言えば当然の話ですが、以上を踏まえると現時点で高額で出品している出品者は「転売目的で購入していた転売者」か「代金支払い時点~現在までで大きな不都合があり急遽お金が必要になり出品した者」のどちらかしか考えられません。

 恐らくは十中八九前者でしょうから、もし今すぐ購入を考えている場合一度立ち止まって良く考えて欲しいなと思います。

 

まとめ

 純金製「青眼の白龍」個人的見解とその初動についてまとめました。

 初動のリマインドを兼ねた記事なので、時間が経過し相場がある程度固定されてきた頃にもう一度まとめたいなと思います。また、総まとめ記事も近々作成予定なので、より分かりやすく当時の状況を残したいと思います。見解についてはあまり言及しすぎると良くないと思ったので後は各々の判断にお任せします。

 それではまた。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com