遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《エクスチェンジ(レリーフ)》の相場価格・光り方まとめ!【2019年03月】

 この記事は"ある特定のカード"に焦点を絞り詳しくまとめていく記事となっています。今回は《エクスチェンジ》のアルティメットレア(レリーフレア)について、実際の光り方と現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190313235500j:plain

通常魔法

お互いのプレイヤーは手札を公開し、それぞれ相手のカードを1枚選択する。選択したカードを自分の手札に加え、そのデュエル中使用する事ができる。(墓地へ送られる場合は元々の持ち主の墓地へ送られる)

 《エクスチェンジ》のアルティメットレア(レリーフレア)2002年8月22日発売の「DUELIST LEGACY Volume.2」に収録されたカードです。

 このカードの初出は2001年7月5日発売の「遊戯王デュエルモンスターズ5 エキスパート1」に付属したものになります。その特典として《黒衣の大賢者》《ビッグ・シールド・ガードナー》《エクスチェンジ》《天使のサイコロ》《悪魔のサイコロ》の5枚の内3枚が封入されていました。

 型番DLのレリーフは初出が"ゲーム付属"や"Vジャンプ付属"といった通常パック収録ではないカードが採用されています。《エクスチェンジ》もその1枚で、DL1~DL2にかけてはG5をレリーフにしたものが登場していますね。

 

現在の相場について

 このカードの現在相場は美品1枚700~900円となっているようです。

 《エクスチェンジ》というカード自体はプレイで使うには実用的でなく、強さよりエンターテイメント性が優っているカードです。好きなタイミングで相手の手札を見ることができる&カード交換できるのは一見強そうですが、お互いに同様の処理を行うので使った方は1枚アド損するのが大きな痛手です。そのため、プレイではあまり使われることが無いようです。

  コレクター需要が高まった2018年頃では1枚1000円を超える取引もそれなりに見られましたが、基本的には安価で入手できるレリーフの1枚だと言えます。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190314000619j:plain

 

  • ヤフオクでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190314000747j:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20190314000919j:plain

f:id:aqn1313:20190314000932j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

  • 以上をまとめると?

 twitterでの買取募集はフルコンプ池袋店の1店舗のみでした。

 2期~3期までのレリーフでここまで買取募集がされていないレリーフは珍しいですね。というのも3期まででは《エクスチェンジ》だけが唯一魔法・罠のレリーフなので、それも影響していると思います。

 

f:id:aqn1313:20190314000950j:plain

 店舗価格変動のグラフを見てみると、2013年6月頃に一時的な高騰があったようです(詳細は不明)。相場が落ち着いている頃は、店舗価格の平均が1枚600円前後で推移していたようです。

 

実際の光り方について

 このカードの実際の光り方はこのような感じです。

 

f:id:aqn1313:20190314001825j:plain

f:id:aqn1313:20190314001849j:plain

f:id:aqn1313:20190314001951j:plain

f:id:aqn1313:20190314002008j:plain

f:id:aqn1313:20190314002024j:plain

f:id:aqn1313:20190314002107j:plain

f:id:aqn1313:20190314002119j:plain

 

  • シークレットレアとの比較

f:id:aqn1313:20190314002203j:plain

f:id:aqn1313:20190314002221j:plain

f:id:aqn1313:20190314002236j:plain

f:id:aqn1313:20190314002258j:plain

 

 実はこのカードはイラストが2種類存在します。

 シークレットのイラストが最初に登場したもので、そこからレリーフのイラストに変更になりました。以後現在までは変更後のレリーフのイラストになっています。お互いが交換しているカードのイラストが変更されていますね。

 このカード達は《エクスチェンジ》が収録されている場所に関連した場所に収録されたカードが主に使われています。シークレットはゲーム特典つながりで、レリーフはデュエリストレガシー繋がりになっています。効果欄の大きさを見ても合致するので意図されたものでしょう。

 

f:id:aqn1313:20190314234236j:plain

レリーフの場合「DL2」「DL4」からピックアップされている

 

 こうした絵柄の変化を楽しめるのでコレクション時の楽しみの一つになっていますが、レリーフとしての光り方だけを見ると、交換している手の血色が悪くなっているのもあり、全体的に暗いイメージに感じます。

 海外版には無いミラフォのレリ、時の魔術師のレリ、封印されし手足などが擬似的に見れるという意味では他に類を見ないカードです。ただ実際のところは良く見えないのでオマケのようなものですね(笑)

 

紹介カード・関連カード

 

まとめ

 《エクスチェンジ》のアルティメットレア(レリーフレア)の光り方・現在相場価格についてまとめました。

 2013年6月頃にあった一時的な高騰の理由を知っている方が居ましたら教えていただけると助かります。今後も色々な相場価格をリマインドとしてまとめていきますので、購入の際の検討材料として活用してみてください。

 それではまた。

 

  • 光り方・相場価格をまとめた一覧ページはコチラより。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com