遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《ドラコネット》が高騰!先行ワンキルの初手カードとして注目?!

 ここ最近《ドラコネット》が高騰しています。何故このカードが値上がりしているのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190124161749j:plain

効果モンスター
星3/闇属性/サイバース族/攻1400守1200

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 《ドラコネット》は2017年3月25日発売の「STARTER DECK(2017)」にノーマルパラレルで初収録され、以後2018年3月24日発売の「STARTER DECK(2018)」にノーマルで再録されたカードです。

 

値上がりの理由

 これは2019年1月12日発売の「DARK NEOSTORM」にて、新規収録された《サイバネット・マイニング》と《星杯の神子イヴ》の影響です。

 《星杯の神子イヴ》の影響により今までよりも「ガンドラ先行ワンキル」に繋げやすくなったようで、その動きを《ドラコネット》1枚でスタートすることが出来るようになったため高騰しているようです。

 もちろんそれだけでは無く、単純に強力な展開が出来るという意味でも需要が上がっていますね。

  • 一連の流れ
  1. 手札に《ドラコネット》が無い場合《サイバネット・マイニング》でサーチ
  2. 《ドラコネット》を通常召喚、《ギャラクシーサーペント》を特殊召喚
  3. 《星杯の神子イヴ》をシンクロ召喚
  4. 《星遺物の守護竜》を手札に加え発動、《ギャラクシーサーペント》を特殊召喚
  5. 《水晶機巧 - ハリファイバー》をリンク召喚
  6. 《星杯の守護竜》を特殊召喚・・・以後省略

 

現在の相場について

 このカードの値上がり前は1枚100円程度が相場だったようですが、値上がり後は1枚150円になっているようです。これから注目が集まれば、更に値上がりする可能性があるでしょう。

 ノーマルとノーパラはどちらも「STARTER DECK(スターターデッキ)」収録なので、現状大きな相場差は無いようですが、一部店舗ではノーパラのみを高価買取している店舗もあるようです。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190124165802j:plain

 

  •  価格変動の様子

・ノーマル

f:id:aqn1313:20190124163500j:plain

・ノーパラ

f:id:aqn1313:20190124163517j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitterでの買取強化ツイートでは1枚100円以上の買取が大半のようです。店舗によってはノーパラに限り1枚250円で買取する店舗も存在しています。

 このカードは「STARTER DECK」収録のカードのため、ノーマルといえそれなりに数が少ないカードであるということ、「遊戯王VRAINS」の放送に合わせて収録されていることを踏まえると、「STARTER DECK(2019)」にも収録される可能性があるでしょう。

 

 

まとめ

 《ドラコネット》の値上がりについてまとめました。

 この影響によって制限改訂から免れた《破滅竜ガンドラX》の相場に動きはあるのでしょうか。ここ最近は以前の相場付近まで値下がりし高騰が落ち着いているようなので、購入検討の際は注意した方が良さそうですね。

 それではまた。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com