遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《混沌帝龍 -終焉の使者-(レリーフ)》の相場価格・光り方まとめ!【2018年12月】

 この記事は"ある特定のカード"に焦点を絞り詳しくまとめていく記事となっています。今回は《混沌帝龍 -終焉の使者-》のアルティメットレア(レリーフレア)について、実際の光り方と現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181231021502j:plain

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000守2500

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。
その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。

 《混沌帝龍 -終焉の使者-》のアルティメットレア(レリーフレア)2004年1月22日発売の「BOOSTER PACK COLLECTORS TIN 2004」に確定収録されたカードです。

 「BOOSTER PACK COLLECTORS TIN 2004」は所謂"カンカン"というもので、小型の缶で売られていたものです。《混沌帝龍 -終焉の使者-》の他には「闇魔界の脅威」「混沌を制す者」「暗黒の侵略者」「天空の聖域」「DUELIST LEGACY Volume.3」「DUELIST LEGACY Volume.4」「DUELIST LEGACY Volume.5」が各1パック同梱されていました。

 このカードは2003年4月24日発売の「混沌を制す者」にシークレットレアで収録されたのが初収録で、発売当時はその逆転が非常に困難な効果から、"持っていてもデッキに入れない"みたいな暗黙の了解があった記憶があります…(笑)

 《八汰烏》が現役だった頃は、《混沌帝龍 -終焉の使者-》の効果で《クリッター》などを落として《八汰烏》をサーチして完封する「八汰ロック」が猛威を振るいました。

 

現在の相場について

 このカードの現在相場は美品1枚300~500円となっているようです。未開封となると1枚1000円以上はするようです。

 上記で解説の通り、確定封入のため相場は非常に安いです。また、レリーフよりもシークレットの方が希少であるのも特徴です(最近は普通ですがこの時期では珍しい)。

 似た収録の《エンド・オブ・アヌビス》の相場は逆転していますが、こちらは逆転はしていないです。シークレットの場合、もう少し高い取引もちらほらあるかな?という印象。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181231023311j:plain

 

  • ヤフオクでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181231023323j:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20181231023351j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 効果が強力でイラストも需要が高いため、特に人口が多い都内の店舗では細かく買取が行われているようです。店舗グラフでもこれまでに何度か高騰しているようなので、今後も何かのタイミングで注目を集めるかもしれません。

 twitterでの買取金額も高いものが並んでいますが、店舗によって買取金額に差が出そうなので、買取の際は注意した方が良いと思います。

 

実際の光り方について

 このカードの実際の光り方はこのような感じです。

 

f:id:aqn1313:20181231024548j:plain

f:id:aqn1313:20181231024619j:plain

f:id:aqn1313:20181231024647j:plain

f:id:aqn1313:20181231024657j:plain

f:id:aqn1313:20181231024708j:plain

f:id:aqn1313:20181231024721j:plain

f:id:aqn1313:20181231024730j:plain

 

  • シークレットとの比較

f:id:aqn1313:20181231024757j:plain

f:id:aqn1313:20181231024808j:plain

f:id:aqn1313:20181231024824j:plain

f:id:aqn1313:20181231024838j:plain

 

 《エンド・オブ・アヌビス》同様、安価なレリーフなのですが光り方は美しいです。イラストもカッコいいですし、コレクターでなくとも欲しいと感じた人は多いと思います。

 このイラストのポイントは何と言っても「翼部分の加工」で、シク・レリーフ共に翼部分の加工で魅せて来ます。当時シクを自引きしたこともあり、個人的な思い出も加味してシクの方が好きですかね。

 

紹介カード・関連カード

 

まとめ

 《混沌帝龍 -終焉の使者-》のアルティメットレア(レリーフレア)の光り方・現在相場価格についてまとめました。

 今後も色々な相場価格をリマインドとしてまとめていきますので、購入の際の検討材料として活用してみてください。

 それではまた。

 

  • 光り方・相場価格をまとめた一覧ページはコチラより。