遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

カードの日焼け検証!何日でどの位カードは日焼けするのか?part2

f:id:aqn1313:20190125181050j:plain

 前回の記事では「カードの日焼け(色褪せ)」に焦点を当て、一体何日でどの程度日焼けしてしまうのかを2ヶ月かけて実際に検証しましたが、今回はその期間を半年まで延ばして追加検証しました。

 

 

注意事項

 この記事では「カードの日焼け」という、ある意味ではカードに加工を施すことに近いことをテーマにしてまとめています。そのため、そういったものが嫌いという人は予めご注意ください。

 

検証に使用中のカード

 検証に使用しているカードは「遊戯王カード」です。また、比較するために「製造年代が違う同名カード」を今回は3種用意しました。

 

  • メタモルポット(B3-39)

 2000年11月23日発売の「Booster R3」収録のものです。

f:id:aqn1313:20180922143144j:plain

 

  • メタモルポット(GS02-JP003)

 2010年1月23日発売の「GOLD SERIES2010」収録のものです。

f:id:aqn1313:20180922143317j:plain

 

  • メタモルポット(SD29-JP021)

 2015年6月20日発売の「ストラクチャーデッキ-マスター・オブ・ペンデュラム-」収録のものです。

f:id:aqn1313:20180922143445j:plain

 

検証方法について

 それぞれ片方を暗所にて保管、もう片方を直射日光が当たる窓際にて並べて放置しました。晴れ・雨などの天気は関係なしにどんな天気でも置いておきました。

 「検証に使用するカード」での画像は7月17日時点のもので、そこから3ヵ月~6ヵ月後での変化がどうなったかをまとめることで検証していきます。

 

f:id:aqn1313:20180922143958j:plain

 

 実際に検証している最中の画像です。本当はスリーブ無しで試したかったのですが、埃やカード変形(湿気や熱)の関係上、スリーブに入れた状態で検証することにしました。

 

前回と今回の検証

 前回の検証をまとめた際は、約2ヶ月間でどれだけカードが日焼けするか検証した訳ですが、今回はその期間を半年にまで延ばしました。

  • 前回

2018年7月17日~9月21日の約2ヶ月間

  • 今回

2018年9月22日~2019年1月24日の約4ヶ月間(計半年間)

 

  • 前回の状態

 前回まとめた際には、最終的にこの程度状態が変化しました。

f:id:aqn1313:20190125173357j:plain

f:id:aqn1313:20190125173413j:plain

f:id:aqn1313:20190125173429j:plain

 では、どのように変化したのかまとめていきます。

 

3ヶ月目の変化

  • 検証時期

2018年9月22日~2018年10月22日

  • メタモルポット(B3-39)

f:id:aqn1313:20190125174253j:plain

f:id:aqn1313:20190125174318j:plain

f:id:aqn1313:20190125174329j:plain

  • メタモルポット(GS02-JP003)

f:id:aqn1313:20190125174342j:plain

f:id:aqn1313:20190125174358j:plain

f:id:aqn1313:20190125174411j:plain

  • メタモルポット(SD29-JP021)

f:id:aqn1313:20190125174427j:plain

f:id:aqn1313:20190125174446j:plain

f:id:aqn1313:20190125174457j:plain

 

4ヶ月目の変化

  • 検証時期

2018年10月23日~2018年11月25日

  • メタモルポット(B3-39)

f:id:aqn1313:20190125175706j:plain

f:id:aqn1313:20190125175715j:plain

f:id:aqn1313:20190125175722j:plain

f:id:aqn1313:20190125175730j:plain

  • メタモルポット(GS02-JP003)

f:id:aqn1313:20190125175812j:plain

f:id:aqn1313:20190125175821j:plain

f:id:aqn1313:20190125175829j:plain

f:id:aqn1313:20190125175838j:plain

  • メタモルポット(SD29-JP021)

f:id:aqn1313:20190125175911j:plain

f:id:aqn1313:20190125175919j:plain

f:id:aqn1313:20190125175928j:plain

f:id:aqn1313:20190125175938j:plain

  • 3枚をまとめると?

f:id:aqn1313:20190125180035j:plain

 

6ヶ月目の変化

  • 検証時期

2018年11月26日~2019年1月24日

  • メタモルポット(B3-39)

f:id:aqn1313:20190125180255j:plain

f:id:aqn1313:20190125180306j:plain

f:id:aqn1313:20190125180320j:plain

f:id:aqn1313:20190125180331j:plain

  • メタモルポット(GS02-JP003)

f:id:aqn1313:20190125180959j:plain

f:id:aqn1313:20190125181006j:plain

f:id:aqn1313:20190125181012j:plain

f:id:aqn1313:20190125181021j:plain

  • メタモルポット(SD29-JP021)

f:id:aqn1313:20190125181050j:plain

f:id:aqn1313:20190125181059j:plain

f:id:aqn1313:20190125181107j:plain

f:id:aqn1313:20190125181114j:plain

  • 3枚をまとめると?

f:id:aqn1313:20190125181147j:plain

f:id:aqn1313:20190125181159j:plain

 

総括

  • 新しいカードの方が日焼けしやすい

 part1ではあくまで仮説として触れましたが、半年検証した結果やはり新しいカードの方が早く日焼けすることが分かりました。

 「4ヶ月目の変化」を見ると分かりやすいと思いますが、2期型番「B3-39」のものはまだ完全に色落ちしていないのに対して、残り2枚は原色が分かりにくいレベルの色落ちになっています。

 

  • 半年でほぼ完全に日焼けする

 「6ヶ月目の変化」ともなると3枚とも大体同じぐらいの色褪せになっているので、大体半年あればカードを完全に日焼けさせることが出来ると言って良いでしょう。

 ただ現状はノーマルに限った話なので、光り物になるとどうなのかは不明です。

 

  • 冬場でも変わらずに日焼けする

 検証後半は冬期に入り、それほど日焼けしないだろうと思っていましたが、思った以上に日焼けが進行し色落ちしました

 夏場は特に太陽の熱でカードが変形したりするので、カードを痛ませずに日焼けさせるなら夏場を避けてするのが良いかもしれませんね。

 

  • 日焼けカードは珍しくない

 今回検証した限りでは半年でここまで日焼けさせることができるので、日焼けカードが高値で取引されることは無いと言って良いでしょう。

 

まとめ

  カードの日焼けについて約半年間検証を行い判明したことをまとめました。

 《メタモルポット》の日焼けに関してはこの記事で検証終了ということで、また別のカードを検証するかどうかは追々検討したいと思います(長い期間の検証になるので)。

 それではまた。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com