遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《青眼の究極竜(レリーフ)》の相場価格・光り方まとめ!【2019年01月】

 この記事は"ある特定のカード"に焦点を絞り詳しくまとめていく記事となっています。今回は《青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)》のアルティメットレア(レリーフレア)について、実際の光り方と現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20190131181539j:plain

効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500守3800

「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」

 《青眼の究極竜》のアルティメットレア(レリーフレア)2003年12月11日発売の「ストラクチャーデッキ - デラックスセット -」に収録されたカードです。

 このセットは「DUELIST LEGACY Volume.1」「DUELIST LEGACY Volume.2」「DUELIST LEGACY Volume.3」「DUELIST LEGACY Volume.4」「DUELIST LEGACY Volume.5」「STRUCTURE DECK-遊戯編- Volume.2」「STRUCTURE DECK-城之内編- Volume.2」が各1つ封入され、かつ50枚のカードプロテクターが2種付属する名前の通りデラックスなセットだったようです。商品価格も約3000円と比較的高めになっています。

 因みに、ここに収録されているアルティメットレアは全て効果モンスターにしか記載されていない「効果」の2文字が記載されているエラーカードです。

 

現在の相場について

 このカードの現在相場は1枚2000~2500円となっているようです。

 《青眼の究極竜》のアルティメットレア(レリーフレア)は相場判断が難しいカードの1枚で、相場が変動しやすいので注意が必要だと思います。1~2年で相場は約3倍に高騰しているだけでなく、ここ最近では新規カード《青眼の究極亜竜》や「ガンドラワンキル」の影響により、間接的にやや高騰しているように思います。

 前述した通り《青眼の究極竜》のアルティメットレアは全て表記が違っているエラーカードですが、それ以外にもレリーフ加工ズレしているものが比較的多いカードの1枚にもなっており(詳しい記事URLは下記)、値段のブレ幅が大きくなる傾向があります。

 光り方の面でも魅力的なものになっているため、総合的に見ると値段が釣り上がりやすく、本来の相場以上の金額を求められることも多いのでは無いかと思います。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190131182630j:plain

 

  • ヤフオクでの取引の様子

f:id:aqn1313:20190131182646j:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20190131184040j:plain

f:id:aqn1313:20190131184052j:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitterでの買取募集はコンスタントにありますが、ホログラフィックレアの買取の方が多いようです。レリーフは1枚1500~2500円買取まで買取金額に開きがありますが、ホロの買取金額は1枚4000円前後のようです。

 

実際の光り方について

 このカードの実際の光り方はこのような感じです。

f:id:aqn1313:20190131185608j:plain

f:id:aqn1313:20190131185621j:plain

f:id:aqn1313:20190131185632j:plain

f:id:aqn1313:20190131185646j:plain

f:id:aqn1313:20190131185659j:plain

f:id:aqn1313:20190131185714j:plain

f:id:aqn1313:20190131185724j:plain

 

  • 字レアとの比較

f:id:aqn1313:20190131185757j:plain

f:id:aqn1313:20190131185811j:plain

f:id:aqn1313:20190131185825j:plain

f:id:aqn1313:20190131185839j:plain

f:id:aqn1313:20190131185851j:plain

  • スーパラとの比較

f:id:aqn1313:20190131185910j:plain

f:id:aqn1313:20190131190015j:plain

f:id:aqn1313:20190131190025j:plain

f:id:aqn1313:20190131190038j:plain

 

 ハッキリとした深い彫りがある訳ではないですが、角度によって細かく変わる表情と、レリーフ加工がマッチする明暗表現によってここまでの美しさになっているのだと思います。

 明確に感じられるのは字レアとの比較で、ここまで光り方に大きな差が出るレリーフはそう無いでしょう。背景の印象から夜の雲間を飛行しているように見えますが、レリーフ加工がそこに雨の質感が加えられているような印象を付加しているので、レリーフの方がより迫力と臨場感を感じると思います。

 

紹介カード・関連カード

 

まとめ

 《青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)》のアルティメットレア(レリーフレア)の光り方・現在相場価格についてまとめました。

 今後も色々な相場価格をリマインドとしてまとめていきますので、購入の際の検討材料として活用してみてください。

 それではまた。

 

  • 光り方・相場価格をまとめた一覧ページはコチラより。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com