遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

印象に残った2018年高騰のレリーフまとめ!

 昨年1年間で色々なカードが値上がりしましたが、今回はアルティメットレア(レリーフレア)に絞って、印象に残った高騰カードを5枚ピックアップしてまとめていきたいと思います。

 

 

どんなカードが高騰した?

 2018年に高騰したレリーフの多くは、「新規カードの追加」によって高騰したものが多いです。既存のテーマに新規カードが追加されたり、新しくテーマが作られたりしたために高騰したものが何枚かありました。

 コレクター需要が2017年から引き続き続いた2018年ですが、純粋にコレクター人気のために目立つ値上がりをしたカードは少なかったように思います。

 

2018年高騰したカード5選

  • 《破滅の女神ルイン》

f:id:aqn1313:20190103181942j:plain

高騰前 高騰後
300円前後 800~1000円
  •  補足

 このカードは2018年4月14日発売の「CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)」にて、破滅の美神ルイン》をはじめとする新規カードが追加されたことにより高騰しました。《終焉の王デミス》と合わせて強化されましたが、こちらの方が大きく高騰しましたね。

 一時期は1枚1000円前後で取引されることもありましたが、現在では1枚400~500円まで値下がりしており入手が難しいカードではなくなりました。

 

  • 《パワー・ボンド》

f:id:aqn1313:20190103183243j:plain

高騰前 高騰後
400~600円 1500~2000円
  •  補足

 このカードは2018年4月14日発売の「CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)」にて、サイバー・ドラゴン・ヘルツ》をはじめとする新規カードが追加されたことにより高騰しました。

 新規カードが追加され高騰が注目されてから半年以上が経過しましたが、依然として相場は高いままとなっています。現在でも美品であれば1枚1500~2000円で取引されることが多く、この時期のレリーフでは入手が難しい1枚となっています。

  カード自体も一時的に入手が難しくなった時期もありますが、2018年6月9日発売の「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-」でノーマル再録されたため、それも解消されています。

 

  • 《ネフティスの鳳凰神》

f:id:aqn1313:20190103190925j:plain

高騰前 高騰後
300~500円 2000~2500円
  •  補足

 このカードは2018年8月4日発売の「デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ」にて、ネフティス」という新しいカテゴリが追加され、関連した新規カードが多数収録されたことにより高騰しました。それまでは単なる優良カードの1枚でしたが、一気に注目を集めるカードとなりましたね。

 このカードの高騰はそれ程長くはありませんでしたが、新しいカテゴリが追加されたことで以前の相場まで値段が戻ることはなくなったと言えるでしょう。現在でも美品なら1枚800~1000円で取引されているようです。

 

  • 《カオス・ソルジャー》

f:id:aqn1313:20190103184541j:plain

高騰前 高騰後
4000~5000円 8000~8500円
  •  補足

 このカードは2018年11月23日発売の「LINK VRAINS PACK 2(リンク・ヴレインズ・パック)」にて、混沌の戦士 カオス・ソルジャー》というリンクモンスターが追加されたことにより高騰しました。同パックには《カオス・ソルジャー》《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》の2枚も再録されています。

 このカードの高騰は一時的なもので取り上げるのは見送りましたが、最も高い時で美品1枚8000円以上で取引されていました。現在は既に元の相場にまで戻っているようですが、一時は物凄いことになっていたので個人的には印象深いです。

 2017年版でも5枚の内の1枚にこのカードを挙げました。ここ2年でここまで相場が変化しているレリーフも珍しいですね。

 

  • 《ダーク・ネクロフィア》

f:id:aqn1313:20190103185618j:plain

高騰前 高騰後
4000~5000円 7000~8000円
  •  補足

 このカードは今回紹介する中で唯一コレクター需要から高騰しているカードです。2018年に入った頃は美品1枚4000~5000円での取引が多かったと思いますが、2018年が終わる頃には美品1枚7000~8000円までの取引が多く見られるようになってきました。

 このカードの人気が何処まで上がってきているのかは分かりませんが、じわじわと値上がりしているような印象があります。このカードの光り方はとても綺麗なので、気になる方は合わせて光り方をまとめた記事(※記事最後にURL)をご覧下さい。

 

まとめ

  印象深い2018年に高騰したレリーフについてまとめました。

 2018年は全体的にレリーフの相場が高くなっていったので、各々印象に残っているカードは違うかと思います。今年はどんなカードが値上がりするのでしょうね。

 それではまた。

 

 本内容に関連する記事はこちら。

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com