遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王 初期と2期の違いを写真で比較する!

 記念すべき1記事目ということで、コレクションしていく上で最も基本的なこと「初期(1期)とは何か」について、2期と比較しながら解説していきたいと思います。

 

 

まずは写真で比較

 実際の画像で見た方が早いので、こちらの画像を使って解説していきます。

f:id:aqn1313:20190115235828j:plain

 こちらは私が所持している《ホーリー・エルフ》のスーパーレアですが、左が2期で右が初期になります。2期または1~2期を指して初期と言う人がいますが、正確には1期=初期で2期は初期には含まれません

 写真を比較した、見た目の大きな違いは下記の通り。

  • 2期以降は型番が記されている
  • 右下に銀シールが無い
  • 種族と攻守の表示の長さが違う
  • 初期は右下の”スタジオダイス”が抜けている

 スタジオダイスに関しては初期にも"スタジオダイス"と表記されているスタジオダイス版がありますが、別の記事で詳しくまとめているため、ここでは触れません(URLは記事最後を参照)

 細かな違いとしては色味も多少違いますし、質感も初期と2期では手触りもやや異なります。ただ、イラスト部分の大きさ・光り方は大きな違いは見られません。

 

初期と2期の大よその相場について

 初期(1期)と2期のものとでは、相場が大きく異なり1期の方が高額になります。

 昔に発売されたということもありますが、やはり発行枚数が少ないのでしょう。カードによりまちまちですが、モノによっては1期の方が10倍以上になるカードもあるので、2期を一緒に初期と呼んでしまうのはタブーだったりします。良く知らないと「まとめて初期!」と呼びがちなので注意したいですね。

 ちなみに上記の《ホーリー・エルフ》の場合、2枚とも美品クラスの綺麗なものなので、2期が100円で1期が1000円位の相場になることが多いです(2018年1月現在)

 

  • 《ホーリー・エルフ》以外の例

 初期と2期でレアリティが同じものは《ホーリー・エルフ》以外にも複数存在しますので、その一部を実際の画像で紹介します。

f:id:aqn1313:20190407072610j:plain

《ブラック・マジシャン》をはじめ有名カードも多数あります。

f:id:aqn1313:20190407072624j:plain

《人喰い虫》や《ハネハネ》などの効果モンスターも存在します。

f:id:aqn1313:20190407072643j:plain

レアリティは違えど同じ光り物として再録される場合も多い。

 

 紹介したものはほんの一部ですが、このように色々なカードに初期と2期の2度収録されたものがあるため、知らなかった人は改めて持っているカードを見比べてみると色々な発見があって楽しめると思います。

 

収集時のワンポイント

 ちょっとした裏技ですが、カードを買う時に商品の画像にカードが沢山あってどれがどれだか判別が付きにくい場合、名前・絵柄・効果欄が一直線になってスリムなのが初期です。逆に絵柄が引っ込んでいて名前・効果欄が出ているのが2期です。

 この判別はまとめ売りにかなり使えるので知っておくと便利です。

 

まとめ

 実際の画像を使って初期(1期)と2期の違いについてまとめました。

 このように同じイラストのものでも全く価値が変わってくるため、沢山のカードがある中でも希少価値が高い初期カードをコレクションするコレクターが2017年秋頃を境に増えています。

 遊戯王youtuberの人気や、ルール変更に伴ってコレクターに移る人が増えたことなど理由は色々考えられますが、そんな方々の助けになるブログを目指していきますので、興味が沸いた人はその他の記事もチェックしてみてください。

 それではまた。

 

  • この内容に関連する記事

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com