遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《XY-ドラゴン・キャノン(レリーフ)》の相場価格・光り方まとめ!【2018年12月】

 この記事は"ある特定のカード"に焦点を絞り詳しくまとめていく記事となっています。今回は《XY-ドラゴン・キャノン》のアルティメットレア(レリーフレア)について、実際の光り方と現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181207050645j:plain

融合・効果モンスター
星6/光属性/機械族/攻2200守1900

「X-ヘッド・キャノン」+「Y-ドラゴン・ヘッド」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
(1):手札を1枚捨て、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その相手の表側表示の魔法・罠カードを破壊する。

 《XY-ドラゴン・キャノン》のアルティメットレア(レリーフレア)2002年7月18日発売の「ユニオンの降臨」に収録されたカードです。

 名前になっている「ユニオン」が主役のパックで、《X-ヘッド・キャノン》《Y-ドラゴン・ヘッド》《Z-メタル・キャタピラー》がパッケージイラストとして描かれています。封入されているカードもX・Y・Zそれぞれが合体したXY-ドラゴン・キャノン》を含む4体の融合モンスターがシークレット以上の高レアリティで収録されています。

f:id:aqn1313:20181205061434j:plain

 

現在の相場について

 このカードの現在相場を調べてみると、美品1枚1000~1500円となっているようです。このカードはコレクター需要がほとんどとなっているため、若干傷があるものでも1000円以下の値段で取引されることもあり、状態を然程気にしなければ比較的安価で入手可能なレリーフだと思います。

 購入の際のポイントとしては《XYZ-ドラゴン・キャノン》と名前が被るため、《XY-ドラゴン・キャノン》単体で検索ができません。同じ名前になっているのは、原作で登場した時《XY-ドラゴン・キャノン》に《Z-メタル・キャタピラー》が後から加わってXYZになった流れを汲んだため同じ名前になったようですね。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181205063241p:plain

 

  • ヤフオクでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181205103925p:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20181205063551p:plain

f:id:aqn1313:20181205063616p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitterで買取募集している店舗はかなり少数で、買取金額も1000円しか確認できませんでした。他の3期レリーフと比べると人気は1ランク下がるためか、頻繁に取引されるカードでは無く、相場のブレ幅なども目につきますね。

 

実際の光り方について

 このカードの実際の光り方はこのような感じです。

 

f:id:aqn1313:20181205064138j:plain

f:id:aqn1313:20181205064154j:plain

f:id:aqn1313:20181205064205j:plain

f:id:aqn1313:20181205064219j:plain

f:id:aqn1313:20181205064231j:plain

 

  • シークレットとの比較

f:id:aqn1313:20181205064305j:plain

f:id:aqn1313:20181205064321j:plain

f:id:aqn1313:20181205064336j:plain

 

 シークレットとレリーフの加工が無い部分は全く同じになっています。2体の合体に雷が走っているので、シークレットの方がその辺の雰囲気がより感じられる光り方になっていますね。

 

紹介カード・関連カード

 

まとめ

 《XY-ドラゴン・キャノン》のアルティメットレア(レリーフレア)の光り方・現在相場価格についてまとめました。

 《X-ヘッド・キャノン》《Y-ドラゴン・ヘッド》がそのまま電磁力でくっついただけなので見新しさに欠けますが、パック全体を収集していくとそれも魅力の一つに見えてくるのが面白いところですね。今後も色々な相場価格をリマインドとしてまとめていきますので、購入の際の検討材料として活用してみてください。

 それではまた。