遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《灰流うらら》再録で暴落か?値下がり具合や再録による注意点など!

 ここ最近《灰流うらら》が大幅に値下がりしています。何故このカードが値下がりしているのか、その理由と合わせて現在相場や気になる点などを分かりやすくまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181208175557j:plain

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻0守1800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

 《灰流うらら》は2017年1月14日発売の「マキシマム・クライシス (MAXIMUM CRISIS)」にスーパー・シークレットで初収録され、以後2018年2月10日発売の「RARITY COLLECTION-20th ANNIVERSARY EDITION-」にレリーフ・コレクターズ・シークレットで再録されたカードです。

 デッキに多用されるカードであり、イラストの美麗さも相まって、プレイヤー・コレクター問わず非常に高い需要があるカードですね。

 

値下がりの理由

 これは2018年12月5日に公式ツイッターより、直近に発売(2018年12月8日)される「ストラクチャーデッキ ソウルバーナー」にて再録が発表された影響です。

 発表から数時間しか経過していませんが、既に該当ツイートは7500RT・5000いいね!を突破し、非常に大きな話題となっています。プレイヤーからすると念願の再録となりました。

 

 

 

 「ストラクチャーデッキ ソウルバーナー」の購入はこちらより。

 

現在の相場について

 まずは発表以前の相場と、現時点の相場を簡単に表にしてみました。

 

レアリティ 発表前 現在相場
スーパー 2500~3000 1500前後
レリーフ 3000~3200 2000~2500
コレクターズ 3000~3200 2000~2500
シークレット 5000~6000 5000前後

 

 この表を見て分かるように、スーパーレアは再録発表後一気に値下がりしていますが、シークレットは大きな値下がりにはなっていません。まだ発表から数時間しか経っていないとはいえ、既にここまで相場は変わっているようです。

 レアリティ別で見ると、レリーフ・コレクターズはどちらもほぼ同じような相場で取引されていることが分かります。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181206005542p:plain

 

  •  価格変動の様子

(※値下がり前の相場推移)

・スーパー

f:id:aqn1313:20181206005726p:plain

 

・レリーフ

f:id:aqn1313:20181206005828p:plain

 

・コレクターズ

f:id:aqn1313:20181206005820p:plain

 

・シークレット

f:id:aqn1313:20181206005749p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 店舗によっては買取停止する店舗もあるようで、買取していてもスーパーは3桁が普通となっているようですね。

 メルカリでは多くの《灰流うらら》が売りに出され、たった数時間でかなりの取引履歴が積まれてしまっています。

 

小ネタ(この再録で注意したい点)

  • 再録レアリティに注目

 この再録で注意したいのは何と言っても灰流うらら》の再録レアリティが不明である点です。ストラクチャーで再録される訳ですから、「レアリティが何であろうと確実に入ってるなら何でも良いでしょ。」と考えがちですがそれはちょっと早計です。

 ソウルバーナーと《灰流うらら》は特に接点も無いので、高レアリティになるとは考えにくく、再録はせいぜい「ノーマル(ノーパラ)」「字レア」「スーパー」の何れかになると思いますが、現在の最低レアリティであるスーパーで再録された場合が、一番現在の値崩れの影響が大きいですよね。

 逆に最低レアリティを更新してくれるのであれば、絶賛暴落中のスーパーにも価値を見出せるので、8日以降相場は安定していくと考えるのが自然です。

 そういう可能性を土台として考えると、スーパー以外のレアリティには大きな影響は無さそうな感じです。現状ではレリーフ・コレクターズは値下がりしていて何とも言えませんが、シークレットに影響はほぼ無いだろうと思いますね。

 

  • ストラクチャー再録という点に注目

 ノーマルで再録されようとシークレットで再録されようと、ストラクチャーで再録される以上一定の割合で封入される訳ですから、買えば確実にカードが手に入るメリットもあれば、再録で安くなると思って暫く様子を見たらそこまで値下がりしないというデメリットもあります。

 今回の《灰流うらら》の再録で考えたいのは、「相場がこんなに値下がりした・・・」ということより、「ストラクチャーを1つ買えばうららとデッキが付いてくる」と考えることだと思います。

 かなりの人気が予想されるストラクチャーなので、売り切れてプレミア価格になって「結果そんなにうらら値下がりしてないじゃん!」と後悔しないように、沢山枚数が欲しいなら今のうちに予約して確実に手に入れるべきでしょう。

 

(追記)

 「ストラクチャーデッキ -ソウルバーナー-」内の収録内容が12月6日お昼頃に判明したようで、灰流うらら》はノーマルになるようです。

 

まとめ

 《灰流うらら》の再録による値下がりについてまとめました。

 個人的にはコレクターズの動向に注目しているんですが、見立てではあんまり値下がりしなさそうな印象。レリーフやコレクターズにどこまで人気があるのか良く分からないので、今後の動向が気になります。また、大きな変化があるようならまとめたいと思います。

 それではまた。

 

  《灰流うらら》のノーマル相場と簡単な解説記事はこちら。

www.yugioh-collector.com