遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《ブラック・マジシャン・ガール(字レア・シク)》の本物について解説!

 今回はかなり趣向を変えて、非常に人気の高いカードである《ブラック・マジシャン・ガール》の「字レア」「シークレット」についてどういったカードか、現在相場はいくらかなどを解説していきたいと思います。

 

 

はじめに

 本ブログではあくまで"私自身が持っているカード"をまとめる事に徹してきました。それは何故かと言うと、まとめられる人が限られているからです。持っていないカードをまとめるだけなら言ってしまえば誰でも出来ますし、いくら知識があっても実際に持っている人の方がより多くの情報をまとめられるはずだからです。

 私は完璧主義な性格なので、ブロガーに良くありがちな情報を小出ししたり、最新情報を逐一まとめていってアクセスを稼ぐみたいな方法より、この記事を読めば大体全部分かるみたいな記事を作りたいと考えているので、その考えのもと色々な記事をまとめてきました。小出しでアクセスを稼ぐことは結局読み手のことを考えてないので、後から読み返したい時「どの記事を読めば内容が一通り全部分かるのか?」というのは分かりにくいのです。恐らくそう感じた経験は少なくないでしょう。

 その考えのもと特定のカードを掘り下げるなら、やはり持っているカードをまとめることが一番だと思って記事を書いてきましたが、コレクター品となると、まとめたくてもまとめるのが非常に困難なカードが多すぎました。

 「コレクターの為のブログ」としても中々求められている内容をまとめられていない現状を考慮し、この記事から未所持のカードにも目を向けて記事を書いていくことにしました。

 

該当カードについて

  • 30秒で分かる解説

 《ブラック・マジシャン・ガール》の字レア・シークレットは、《ブラック・マジシャン・ガール》が初めて登場した際のレアリティで、その収録が大会限定であったことや誌面プレゼントでしか入手出来なかったため*1、現在では非常に高額な値段になっているカードの1枚です。

 このカードはイラストの可愛らしさと、遊戯王で最も有名なカードの1枚である《ブラック・マジシャン》と関連したカードなので、人気と知名度を合わせると恐らくNo.1とも言えるカードです。そのため、初登場から現在まで根強い人気があるカードとなっています。

 

  • 実際のカード

f:id:aqn1313:20181204160912p:plain

(左:字レア、右:シークレット)

 

f:id:aqn1313:20181204161211p:plain

(プレミアムパック4で再録されたウルトラレア)

 

 2つの画像を見比べると分かるように、再録され広く出回っているウルトラレアは左下のカード番号の代わりに「Replica」の表記が付いています。この「Replica」の表記は、大会限定のカードを一般向けにした際に付けられるもので、最近登場したカードで言えば《ユニティ・オブ・ドラゴン》《革命の鉄騎士》にも記載されています。

 

f:id:aqn1313:20181204161943p:plain

 

  • 残存枚数と入手経路

 《ブラック・マジシャン・ガール》の字レア・シークレットは現在までに複数の方法で入手することが可能なカードでした。一つ一つ詳しく解説します。

 

 ①「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」公式大会 ストリートデュエル レジェンド オブ パワー 大会入賞者特典カード

f:id:aqn1313:20181204162449j:plain

(ヤフオクにて2018年9月に出品された当時モノのポスター)

 

 これは2000年8月頃(wikiでは2000年8月26日)に開催された大会で、参加賞(8位以内)で字レア・優勝商品でシークレットが入手できた大会だったようです。つまり、優勝者には字レアとシークレット両方進呈されたという訳ですね。

 当時のポスターを見て分かる点としては、この大会は各地域の店舗毎に行われている大会であり、店舗毎に開催日時にややズレがあることや、1店舗でシークレット1枚、字レア8枚が配布されたイベントであったようです。昔の大会なので、実際のカードではなく「DMⅢのゲームソフト」で戦う大会となっていました。

 現在では詳しい出典は殆ど存在せず約300店舗で行われたものといわれているようで、おおよそシークレット300枚、字レア2400枚というのが一般的に言われている枚数のようです。

 実際に店舗から進呈された際には、台紙封筒が付いていました。これらはカードよりも残っていないのは明らかで、残存しているものは実際のカードより希少であると言えるでしょう。

 

②Vジャンプ(2000年??月号)誌面プレゼント

③週刊少年ジャンプ(2000年??号)誌面プレゼント

 大会での配布以外に「Vジャンプ」「週間少年ジャンプ」の2誌で《ブラック・マジシャン・ガール》の字レア・シークレット両方がプレゼントされました。

 その際の詳しい出典は殆ど存在せず、wikiでも実際にプレゼント企画が乗っていた誌面番号までは分かっていないようですが、枚数はある程度分かっているようで、シークレット100枚、字レア400枚というのが一般的に言われている枚数のようです。

 この頃の「Vジャンプ」「週間少年ジャンプ」を調べてみると、TVアニメ放送を記念して5月あたりで大きく表紙を飾っているようなので、このプレゼント企画も何かしら関連あるでしょうね。少なくとも4月以降に行われたものでしょう。

 

f:id:aqn1313:20181204165121j:plain

(Vジャンプ 2000年5月号)

 

f:id:aqn1313:20181204165149j:plain

(少年ジャンプ 2000年20号)

 

④スターターデッキ2018 秘蔵レア

 2018年3月24日に発売されたSTARTER DECK(スターターデッキ2018)において、シークレットが10枚封入されました。

 加えてアジア版にも同様に封入されているという話が秋葉原チェルモさんなどから聞かれているようで、詳しいことは不明ですが実際は20枚の可能性があるようです。

 とはいえ、実際に封入されていたとしても日本で出回る枚数が何枚かということを考えると、①の店舗数の誤差同様に無視して良いと思うので、あまり考えなくても良さそうですね。未開封の観点では無視できないのですが、そこまで見極めるのは不可能に近いので…。

 なお、現時点からamazonなどのサイトからスターターデッキ2018を購入するのは、詐欺が横行しているため、余程信頼できる所以外からは極力辞めておいたほうが良いでしょう。

 

・合計すると?

  以上をまとめると、シークレット410枚、字レア2800枚ということになるようです。シークレットは亜版スターター秘蔵レア10枚の可能性、実店舗数(300±)だけの変動、字レアは実店舗数の変動が実際にはあるでしょう。

 

現在の相場について

 《ブラック・マジシャン・ガール》というカード自体は、遊戯王の中で知名度・人気ともにトップクラスのカードです(恐らく総合的に見たらNo.1)。そのため非常に高額な値段となっています。

 

  • シークレット

 シークレットにおいては100万を超える取引は決して珍しくないようです。

 単純にシークレットと言うだけでは、英語版や型番15AXのものなどが存在するため、断定することは出来ない点には注意したいです。

 未開封のものはスターターデッキ2018に封入されていたもので確定するため圧倒的に数が少なくなります。そのためより高額で買取募集されていますね。

 実際のところ、未開封のものはコレクターの元から離れることは早々無いと思うので、市場に1枚でも出回ったら大きな話題になるでしょう…。

 

f:id:aqn1313:20181204173932p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

  • 字レア

 字レアの相場はおおよそ10~20万が相場となっているようです。

 多少傷が見られるものがあり、そういったものは10万近辺で取引されているようですが、傷の無い美品などになると20万に近い相場になってくるようです。

 枚数もシークレットに比べるとそれなりに多いため、取引もそこそこ多いです。店舗販売額とネット取引額の差があまり無いように感じられるので、店舗で購入できるようなら店舗で購入しても良いでしょうね。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181204175735p:plain

 

  • twitter買取(販売)の様子

 

 

 

まとめ

 本物の《ブラック・マジシャン・ガール(字レア・シク)》について、どういったカードか、現在相場はどの位かを詳しく解説しました。

 初登場から約20年が経過し、現在では当時の詳しい情報は殆ど残ってはいないようでした。より詳しい情報などありましたら、ご一報下さい。

 それではまた。

 

 

 今回紹介した内容に関連する記事はこちら。

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

 

*1:2018年3月に、OCG20周年を記念するイベントの一環でスターターデッキ2018内の秘蔵カードとしても収録された。