遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《一角獣のホーン》が高騰?その一連の流れを詳しく解説!

 ここ最近《一角獣のホーン》が注目を集めていることで高騰しています。個人的には高騰と言っていいか微妙な1枚ですが、話題になっているので一応何故このカードが値上がりしているのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181129213739p:plain

装備魔法

装備モンスターの攻撃力・守備力は700ポイントアップする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、墓地のこのカードをデッキの一番上に戻す。

 《一角獣のホーン》は2000年7月13日発売の「Pharaoh's Servant -ファラオのしもべ-」にスーパーレアで初収録されたカードです。以後4度の再録がありますが、その全てはノーマルでの再録になっているため、スーパーレアが最高レアリティになります。

 

値上がりの理由

 これは「六武衆デッキ」内で《聖騎士の追想 イゾルデ》に使用する装備カードの1枠として注目を集めている影響だと思われます。

 

 

 大会で優勝したデッキに使用されていたことで、注目が集まっています。こちらの「リークさん」という方は今話題のロンゴミアント展開を開発された方で、ご自身のブログ内でそのデッキ構築などを詳しく解説しています(先日ロンゴミアントの記事をまとめた際にも、その記事を参考にさせていただきました)。

 その中で《一角獣のホーン》を採用する流れなども書かれており(URLは後述)、その時点では注目を集めるまでに至っていませんでしたが、実際にご自身で結果を残したことで一躍注目が集まってきているようです。

 

現在の相場について

 このカードはスーパーレアでも値段が付くカードではありませんでしたが、現在はスーパーレア1枚150~300円が相場になってきているようです。

 とはいえ、現在は高騰というより注目が集まっているという状態で、値上がりしていくかどうかはまだ微妙なところです。というのも、このカードはノーマルでの再録が豊富にありますし、採用枚数も六武衆デッキに入れるなら1枚という状態だからです。《聖騎士の追想 イゾルデ》によく使われるカードとして、六武衆以外でも採用されるようになれば目立つ値上がりに繋がるかもしれません。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181129215932p:plain

 

  •  価格変動の様子

(※高騰以前の相場参考)

f:id:aqn1313:20181129220030p:plain

f:id:aqn1313:20181129220043p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

  • 以上をまとめると?

 スーパーレアの光り方は結構綺麗なので、光り物で欲しい場合は購入して良さそうですが、必要枚数が少なくノーマルでの再録が豊富にあるため、ノーマルで十分ならあまり気にする必要は無いと言えます。これからより注目が集まったとしても、スーパーレアに光が差すか差さないか位で、ノーマルが大きな値上がりになる可能性は低いでしょう。

 

小ネタ

 《一角獣のホーン》が採用されるのは「デッキに舞い戻るから」ですが、《光の角》も同じ効果を持っています(ライフは払いますが…)。《一角獣のホーン》を採用しているのは、《ライオウ》《インスペクト・ボーダー》などから守る為に六武衆の打点を高める必要があるためのようです。

f:id:aqn1313:20181129220853j:plain

 

まとめ

 《一角獣のホーン》の値上がりについてまとめました。

 "値上がり"というより、"今注目が集まっている"と捉えるべきでしょうね。今後注目したいのは、六武衆だけでなく他のデッキでも使われるようになるかどうかでしょう。

 それではまた。

 

 本記事で触れたリークさんの記事はこちら。

reak-yugioh.hatenablog.com