遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン(CR)》の相場価格・光り方まとめ!【2018年11月】

 この記事は"ある特定のカード"に焦点を絞り詳しくまとめていく記事となっています。今回は《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のコレクターズレアについて、実際の光り方と現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181115032533p:plain

効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800守2400

(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のコレクターズレアは、2014年12月20日発売の「THE RARITY COLLECTION(ザ・レアリティ・コレクション)」に収録されたカードです。このパックにはウルトラ・コレクターズ・シークレットの3種で封入されています。

 初収録は2007年10月20日に発売された「2007年 Vジャンプ12月号」で応募者全員に配布されたパック(LIMITED EDITION11)にウルトラレアで収録されたのが初で、以後ノーマルからシークレットまで幅広く再録で登場し、レアコレ再録分を含めると合計6つのデッキやパックに再録されているようです。

 

現在の相場について

 メルカリ内で調べてみると、このカードの現在相場は1枚800~1000円となっているようです。記事作成現在では特に「レッドアイズ」全般が注目を集めているだけあり、相場が高くなっています。

 過去の平均相場を調べてみると、パック発売後の2014年では400円前後、2015年では400~600円、2016年では500~700円と徐々に値上がりしているようなので、現在相場も過度に高いわけではないことが分かります。

 特に《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》はシークレットが1枚4000円以上と高額です。そのためコレクターズレアはシークレットの購入を見送っている人の受け皿となっているレアリティなので、そう考えると比較的安く購入できる1枚のように思います。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181117064436p:plain

 

  • ヤフオクでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181117064508p:plain

 

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20181117064557p:plain

f:id:aqn1313:20181117064606p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitterの買取はシークレットが中心で、コレクターズの買取はあまり無いようです。価格変動で見ると1年前であれば1枚500円程度だった店舗相場が、値上がりしていることで今後どうなるのか気になるところですね。

 とはいえ「コレクターズレア」自体あまり注目されていないのか、シークレットと比較するとそこまで高額にはなっていないのがポイントです。光り方もシークレットと比べても負けず劣らずという感じなので、コレクションとしてオススメしたい1枚ですね。

 

実際の光り方について

 このカードの実際の光り方はこのような感じです。

 

f:id:aqn1313:20181117070337j:plain

f:id:aqn1313:20181117070401j:plain

f:id:aqn1313:20181117070424j:plain

f:id:aqn1313:20181117070435j:plain

f:id:aqn1313:20181117070451j:plain

 

 "ダークネスメタル"と言うだけあってメタル感は十分です。翼部分の加工が線ではなかったり、立体的に見せるためにモンスターの外枠が良く光るようにしていたり、結構細かく加工されているので観賞用として十分楽しめると思います。

 

紹介カード・関連カード

 

まとめ

 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のコレクターズレアの光り方・現在相場価格についてまとめました。

 今後も色々な相場価格をリマインドとしてまとめていきますので、購入の際の検討材料として活用してみてください。

  それではまた。

 

  • 高騰をまとめた記事

www.yugioh-collector.com