遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《ヴァレルソード・ドラゴン(UR・UL)》が高騰!最低相場上昇で入手困難に!



 ここ最近《ヴァレルソード・ドラゴン》のウルトラレア・アルティメットレアが高騰しています。何故このカードが値上がりしているのか、その理由と合わせて現在相場をまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181103173900p:plain

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000

効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。

 《ヴァレルソード・ドラゴン》は2018年4月14日発売の「CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)」にウルトラ・シークレット・アルティメット・20thシークレットの4種で初収録されたカードです。

 1パック内に4つのレアリティが初収録された面白いカードですが、それぞれに細かい相場変動が存在するため購入時は良く調べて検討する必要があるカードと言えるでしょう。

 

値上がりの理由

 これはやはり"取りあえずエクストラデッキに入れて使えるカード"という高い汎用性を持つ効果を持っているためだと思われます。

 デッキ採用率が高いカードなので基本的に需要も高いですが、特に所持しているデッキの数に比例して需要が増すカードのため、新弾で既存カテゴリの強化・新規カテゴリの登場に伴い高騰していると思われます。

 

 「CYBERNETIC HORIZON」の購入はこちらから。

 

現在の相場について

 このカードのメルカリ内現在相場を調べてみると、ウルトラは1枚1500円前後、アルティメット(レリーフ)は1枚1500~1600円まで高騰しています。単純な高騰なら良いのですが、どちらのレアリティもこの値段のものは全て売り切れてしまっており、依然として値上がり続ける可能性が高いです。

 《ヴァレルソード・ドラゴン》の4つのレアリティのうち、安価で購入できるのがこのウルトラ・レリーフの2種です。つまりこのカード自体の最低相場が上がっている状態なので、プレイに支障が生まれる高騰となっています。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20181103180831p:plain

 

  •  価格変動の様子

・Ultra

f:id:aqn1313:20181103181045p:plain

f:id:aqn1313:20181103181059p:plain

 

・Ultimate

f:id:aqn1313:20181103181113p:plain

f:id:aqn1313:20181103181129p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

  • 以上をまとめると?

 twitterの強化買取ツイートはコンスタントに流れています。買取金額はそこまででもないですが、どの店舗でもある程度の金額で買い取って貰えることは間違いないでしょう。

 このウルトラ・レリーフをシークレットと比較すると、店舗相場は1000円近く離れているため差を縮める形でこれから更に値上がりすると思います。ですが、4つもレアリティを分けているにも関わらず最低相場が上昇し、結果として1枚も持っていない人に行き渡らないということにもなりかねないので、ウルトラあたりでいつ再録されてもおかしくないと思います。

 そうなると今値上がり中のウルトラ・レリーフを購入した場合損する可能性もあり得るので、その辺りを考慮した上でどのレアリティを買うか決めた方が良いでしょう。

 

まとめ

 《ヴァレルソード・ドラゴン》のウルトラレア・アルティメットレアの値上がりについてまとめました。

 "需要の増加による高騰"というやや曖昧な理由での高騰なので、今後シークレットにも値上がりの波が伝播するかは不明です。今のところそこまででは無いですが、そうなることも視野に入れ購入検討した方が良いかもしれませんね。

 それではまた。