遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

「遊戯王偽カード販売で逮捕」からコレクターである私が思うこと【雑記】



 「遊戯王のコピーカードを販売した容疑」で実際に逮捕される事件が発生しました。皆さんそれぞれ思うところはあると思いますが、いちコレクターとして思うことを雑記感覚でまとめたいと思います。

 

 

どんな事件?

 遊戯王の高額カードのコピーを「ヤフオク」で本物と偽って販売した事件です。

 今年2018年2月14日頃に該当するカードが1枚40万円で取引が行われましたが、偽物と気づいた購入者側が警察に相談、鑑定により事件が発覚したようです。

 

※記事本文は転載禁止となっている為、こちらで要約した文章です。原文を確認したい方はこちらより。

www.nikkansports.com

取引された40万円のカードとは?

 今回の事件で取引されたカードは、2008年の世界大会で2~4位に入賞した人のみ(2部門で"×2"のため世界に6枚)が貰える《Lorelei, the Symphonic Arsenal(交響兵器ローレライ)》というカードです。

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20181024205853j:plain

効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2400守2000

このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、自分フィールド上に存在する
機械族モンスター3体をリリースしてアドバンス召喚しなければならない。
このカードが直接攻撃によって相手ライフを0にした場合、
このカードのコントローラーはマッチに勝利する。
このカードはデュエルで使用できない。

 

 この型番以外には、2010年6月に発売された英語版パック「Crimson Destruction」に封入された「CMDS-ENSE2」という型番もあるようですね。

 

f:id:aqn1313:20181024203433p:plain

 

本物の販売履歴について

 今回調べてみると、このカードは実際に2012年7月頃に店舗で販売されていたようです。その際の金額は「68万2500円」でした。24回払いで購入も出来たみたいです(笑)

 

f:id:aqn1313:20181024204604j:plain

 

 その他フリマサイトにも出品されていることが何度かあるようですね。同一カードかどうかは出品者のみぞ知るところでしょう…。

 

f:id:aqn1313:20181024205400j:plain

f:id:aqn1313:20181024210156j:plain

f:id:aqn1313:20181024205441j:plain

 

 このカードと一緒にクリスタルケースも付属しているようで、このように唯一無二の輝きを見ることが出来るようですね…。

 

今回判明した偽物と事件について

f:id:aqn1313:20181024210409p:plain

 

 今回判明した偽物と本物を比較したニュースのスクショですが、正直もっと高解像度で確認しない限りはどの位の差異があるかというのは分からないと思います。とはいえこの画像だけで判断するなら、明らかに違うのは分かりそうな印象ですね。

 

  • 事件の日付と警察が動いたという抑止力

 今回の事件で私が特に気になったのは事件の日付です。というのも、この事件は2月に発生し容疑者が逮捕されたのが昨日(10月)という点ですね。しかもこの容疑者は8月にも別件で「遊戯王カードの販売詐欺で45万円をだましとっていた件で逮捕」されています。

 8月の事件の影響で、2月に起こった事件についても警察の手が伸びたと考えるのが自然だと思いますが、逆にそれが無かったら逮捕といった大きな処置にならなかった可能性もあり得ますし、改めて真贋を見極められる力で自衛しなければならないと思わせられますね。

 一番はこういった事件に巻き込まれないことだと思いますが、警察が動いたというのは大きなことだと思うので、こうした悪質な出品の抑止力に繋がるのは良いことだと思います。

 

  • 高額カードをネット購入するなら真贋を見極める力は必須

 加えて思うのは「偽物って気づいた20代女性すげえw」みたいなコメントについてです。コレクターからすると頷ける所だと思いますが、高額カードをお店以外で購入するのであれば、そういったある程度の目利きできる力はあった上で購入するのが普通だと私は思います。

 また、今回の一件は取引額からも非常にグレーであることは目に見えて分かるはずです(6年前の店舗相場で約70万のものが40万だった点)。相場の安さに目を取られて良く確認しなかったために起こったことだと思うので、当たり前のことですがまずは"きっちり確認を取った上で購入する"ということを忘れてはいけないと思います。

 とはいえ有名な偽物以外のものは自分で判別するには限界があると思うので、その出品者の評価・言動・対応の仕方などから慎重に検討しなければなりませんが…。

 

まとめ

 「遊戯王偽カード販売で逮捕」から感じたことなどをまとめました。

 本ブログでは情報提供を常に募集しております。今回問題になった偽造品関連のことや些細な情報でも大丈夫なので、私だけでは補えていない情報があれば連絡フォームより送って頂けると助かります。まとめる必要があると判断したものはその都度まとめていきたいと思っています。

 それではまた。