遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

カードの日焼け検証!何日でどの位カードは日焼けするのか?

f:id:aqn1313:20180922154637j:plain

 カードが日焼けすると言っても具体的にどう変わるか知っている人はそう居ないと思います。今回は「カードの日焼け(色褪せ)」に焦点を当て、一体何日でどの程度日焼けしてしまうのかを実際に検証しました。

 

 

注意事項

 この記事では「カードの日焼け」という、ある意味ではカードに加工を施すことに近いことをテーマにしてまとめています。そのため、そういったものが嫌いという人は予めご注意ください。

 

カードの日焼け(色褪せ)について

 カードが変色する主な原因は「直射日光」「人工光」の2つのようです。

 直射日光でカードが変色するのは当たり前だと思いますが、実は室内照明でも色が変化するようです。とはいえ室内照明での劣化は、特殊な例を除いてはそこまで神経質に考えなくても良いように感じます。

 

検証に使用するカード

 今回の検証に使用するカードは「遊戯王カード」を使用します。また、比較するために「製造年代が違う同名カード」を今回は3種用意しました。

 

  • メタモルポット(B3-39)

 2000年11月23日発売の「Booster R3」収録のものです。

f:id:aqn1313:20180922143144j:plain

 

  • メタモルポット(GS02-JP003)

 2010年1月23日発売の「GOLD SERIES2010」収録のものです。

f:id:aqn1313:20180922143317j:plain

 

  • メタモルポット(SD29-JP021)

 2015年6月20日発売の「ストラクチャーデッキ-マスター・オブ・ペンデュラム-」収録のものです。

f:id:aqn1313:20180922143445j:plain

 

検証期間などについて

 今回の検証日時は2018年7月17日~9月21日までの約2ヶ月間です。

 検証する季節、気象条件、場所などに寄っても結果が変わると思いますので、参考にされる場合はひとつの結果として見て下さい。

 

  • 因みに検証した2018年の夏は・・・?

 2018年の夏は例年の夏と比べてもかつてない猛暑で、1946年の統計開始以降、東日本では一番の平均気温だったようです。観測史上最高気温や40度超えが続き、私が住んでいる地域でも40度を超える日があったようです。

 

検証方法について

 それぞれ片方を暗所にて保管、もう片方を直射日光が当たる窓際にて並べて放置しました。晴れ・雨などの天気は関係なしにどんな天気でも置いておきました。

 「検証に使用するカード」での画像は7月17日時点のもので、そこから1ヵ月後の8月20日と2ヵ月後の9月21日時点での変化がどうなったかをまとめることで検証していきます。

 

f:id:aqn1313:20180922143958j:plain

 

 実際に検証している最中の画像です。本当はスリーブ無しで試したかったのですが、埃やカード変形(湿気や熱)の関係上、スリーブに入れた状態で検証することにしました。

 

1ヶ月目、2ヶ月目の変化

 上記の内容で検証した変化はこの通りです。

  • 1ヶ月目(8/20時点)

 画像右が日焼けさせたカードです。

 

f:id:aqn1313:20180922150133j:plain

f:id:aqn1313:20180922150229j:plain

f:id:aqn1313:20180922150242j:plain

 

  ハッキリとした変化は見られませんが、やや色が変わっていることが分かります。重ねて見比べてみるとその変化が多少は分かるかと思います。

 

f:id:aqn1313:20180922150432j:plain

f:id:aqn1313:20180922150449j:plain

f:id:aqn1313:20180922150503j:plain

 

  • 2ヶ月目(9/21時点)

 画像左が日焼けさせたカードです。

 

f:id:aqn1313:20180922150611j:plain

f:id:aqn1313:20180922150703j:plain

f:id:aqn1313:20180922150646j:plain

 

 1ヶ月目よりも明らかに分かりやすく変色しています。普通に管理していたらまずならないような色にまで変わっていますね。重ねて確認してみると色見の違いがハッキリ分かります。

 

f:id:aqn1313:20180922151255j:plain

f:id:aqn1313:20180922151305j:plain

f:id:aqn1313:20180922151318j:plain

 

検証して分かった点など

  • カードは約2ヶ月で目に見えて変色する

 直射日光で放置しておくと、約2ヶ月でカードが日焼けしていることが分かる位にカードが変色しました。1ヶ月ではそこまでハッキリと分かりませんでしたね。

 

  •  変色だけではなく変形もする

  直射日光の熱や雨などによる温度変化・湿度変化を直に受けるので、カードが大きく変形します。湿気や乾燥による変形よりも複雑に変形している印象を受けました。

 

湿気・乾燥による曲がりの検証はこちらから。

www.yugioh-collector.com

 

  • 新しい方が日焼けしやすい(?)

 意外な事実でした。今回3種類の製造年代が違うカードを用意しましたが、一番変化したのは2015年のもので一番変化しなかったものは2000年のものでした。

 

f:id:aqn1313:20180922153131j:plain

f:id:aqn1313:20180922153148j:plain

 

 グラデーションが出来上がりましたね…。

 2015年のものは元々効果欄の色味が違うので、日焼けしたように感じやすいと思いますが、欄の外側もほぼ同じような色合いになっているので、やはり日焼けしやすいのではないかと思います。

 とはいえ1度きりの検証では確実とは言い切れないので、機会があれば別のカードで再検証するかもしれません。

 

日焼けを防ぐスリーブなど

  スリーブにも紫外線カットを売りにしたものがあるようです。

 とはいえ紫外線カットを推したスリーブは、局所的な需要しかないのでこういったものしか現在は販売されていないようです。

 

 

まとめ

 カードの日焼けについて実際に検証したことをまとめました。

 2ヶ月までの日焼け具合をまとめましたが、継続して検証を続けています。なので、3ヶ月目以降の内容についてはまとまったら新しく追加で記事を書く予定です。

 その他「効果モンスター以外はどんな感じで変色するの?」とか「遊戯王以外のカードはどう変色するの?」など細かい疑問はありますが、かなり長期間の検証になるのでそのあたりは将来余力があれば検証していこうと思います。

 それではまた。