遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王 2期 PREMIUM PACK 3について解説!

 今回はPREMIUM PACK 3(プレミアムパック3)について、コレクター需要が上がる1年前と現在の比較を交えながら、その概要や集める際に気になった点などをまとめていきたいと思います。

 

 

PREMIUM PACK 3について

 PREMIUM PACK 32000年8月10日に一般発売されたパックです。1パック5枚入りの税込200円(当時)の値段で、収録カードにはスーパーレアスーパーパラレルレア(以後スーパラ)の2種類のレアリティが存在します。

f:id:aqn1313:20180915212824p:plain

 

  • 内容が分かる開封動画

www.youtube.com

 

  • 開封動画から分かった点

 開封動画を複数見てみたところ、スーパラの封入率は私が見た動画内では約1/2~1/3程度の確率で1パックに1枚封入されており、通常一番後ろに高レアリティが配置されるところですが、一番前にスーパラが配置されていることが分かりました。

 また、今回見た動画のほとんどが開封前からカードが曲がっている状態になっており、長期保管によって曲がりやすいパックの可能性があるようです。開封してしまえば戻すことは容易いですが、未開封で曲がってしまうと恐らく戻すのは難しいでしょう。

 

PREMIUM PACK 3の収録内容について

 PREMIUM PACK 3の収録カードはこの10枚になります。

 

f:id:aqn1313:20180915202235p:plain

 

 PREMIUM PACK 3の収録内容は、左下に"Replica"の文字があるように全て再録されたカードです。《カオス-黒魔術の儀式》は攻略本の付属カードとして、《メテオ・ドラゴン》はPREMIUM PACK 1の収録としてが初収録でしたが、残りのカードは大会で配布されたものの再録として登場しています。

 

PREMIUM PACK 3の相場について

 これらのカードは相当な枚数が出回っており、珍しいカードという訳ではありません。"光り物カードのまとめ売り"なんかでは嵩増しカードとして見られることもしばしばあるほどです。そのためコレクター需要が高まった2017年秋の前後で大きな相場の変化は感じられませんでした。

 これらのカードは高くとも1枚100円ほどでの取引が多いと思いますが、メルカリなどのフリマアプリ内において、それ以上の相場になるポイントを2点だけまとめます。

 

  • 状態が美品であるかどうか

 これらのカードは相当な枚数が出回っているため、カード自体は珍しくなく簡単に手に入れることが出来ますが、美品に限っては希少で入手が難しいです。というのも、当時では誰でも持っているカードだったため、雑に扱われるケースがとても多く、傷が無い状態で残りにくかったカードだからです。

 その背景とは対照的にこれらはコレクター需要が中心のカードなので、小さな傷のある無しで相場が変わってきます。

 

  • スーパラであるかどうか

 PREMIUM PACK 3を収集する過程で、一番大変なのはやはり「スーパラのコンプリート」です。スーパラの封入率がそれほど高く無いですし、当時からのコレクターでもない限り大人買いするようなパックでも無いため、コレクターからの出品が無い限りは1枚1枚地道に集める必要があると思います。そのためスーパラなら1枚200~300円でも場合に寄っては安いこともあるでしょう。

 

  • 以上をまとめると?

 収録内容で突出して高いものはありませんが、美品収集とスーパラ収集は割と大変です。運よくコレクターから出品されたまとめ売りと出合えたら、かなりラッキーだと思います。日頃からチェックしておきたいですね。

 このパックで良く見られる出品の多くは10枚前後のまとめ売りなどが多く*1引いた写真から傷があるかどうかの見極めが困難なケースが多いことや、狙ったカードだけを安く入手することが中々出来ないことが多いです。

 まとめ売りの相場は、スーパー10枚の場合500~800円での取引が見られましたが、スーパラとなるとまとめ売りはほとんど無いようでした。未開封パックの相場は1パック2000~2500円(記事作成時点)での取引が多いようです。

 

まとめ

  PREMIUM PACK 3(プレミアムパック3)の概要・相場についてまとめました。

  当時を知らない人でも分かるように細かくまとめましたが、当時を知る人にとっては少しくどくなってしまったかもしれません。個人的にはPREMIUM PACK 5のパラレルよりもこちらの方が収集難度が高いように感じましたね…。

 次回は実際の光り方やファイリングの感じなどもまとめていく予定です。

 それではまた。

 

*1:カード自体は珍しくないため1枚持っている人は大体5~6枚は持ってますし、相場が高くないのである程度の値段にする為にまとめて出品しがちです。