遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

初期エクゾディアのスタジオダイス版について



 ここ最近「20th ANNIVERSARY SET」の発売によって、スタジオダイス版についてより注目が集まっていますね。そのブームから一つ踏み込んで、今回はあまり知られていない初期エクゾディアのスタジオダイス版についてまとめていきたいと思います。

 

 

色々なおさらい

 本内容に関わる以前まとめたものはこちらです。

 

  • スタジオダイス版

www.yugioh-collector.com

 

  • 初期エクゾディア

 初期エクゾディアは5枚全てが別々の場所に収録されています。

左足:Vol.3

右足:Vol.4

左腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本下巻

右腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本上巻

本体:プレミアムパック1

 

 実際にファイリングした画像がこちらです。

 

f:id:aqn1313:20180819214543j:plain

 

初期エクゾディアは一部にスタジオダイス版がある

 今回取り上げたいのは、初期エクゾディアにおいては右足・左腕・右腕にスタジオダイス版が存在し、左足・本体にはスタジオダイス版が存在しないという点です。

 

  • 発売時期の確認

 まずはそれぞれが収録されたものの発売時期を調べてみます。

 

左足:Vol.3(1999年5月27日発売)

右足:Vol.4(1999年7月22日発売)

左腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本下巻(1999年8月5日発行)

右腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本上巻(1999年7月8日発行)

本体:プレミアムパック1(1999年8月26日発売)

 

 それぞれの発売時期の早さとスタジオダイス版がある無しは、あまり関連性は無いようです。というのも、スタジオダイス版は2000年4月20日に発売された「Magic Ruler -魔法の支配者-」が製造されるようになってから登場したものですから、発売時期よりも発売からどの位の期間製造されていたかというのが鍵になります。

 Vol.4以降からスタジオダイス版が登場するのが分かっていることや、プレミアムパック自体長い期間製造されるパックではないため、必然的に左足本体にはスタジオダイス版が無いことは分かるでしょう。

 

  • 実際の画像で確認

 そして問題になるのは、Vol.4にはあることは分かっているので、"左腕と右腕にはスタジオダイス版があるのか?"というところです。ゲームの攻略本が半年以上製造されているかどうかは正直検討がつきませんから・・・。

 スタジオダイス版の有無を調べるため複数の出品を見ていくと、この右腕・左腕の2枚ともスタジオダイス版が実際に存在していることが分かりました。今回記事を書くにあたって実際に実物を入手したので手っ取り早く画像で確認していきます。

 

f:id:aqn1313:20180819214344j:plain

f:id:aqn1313:20180819214410j:plain

 

 この2枚にスタジオダイス版が存在するということは、少なくとも攻略本は半年以上製造されていたことが分かります。とはいえ、攻略本の製造期間はどの位が普通かみたいなことはサッパリ分からないので、この2枚のスタジオダイス版がどの程度希少かというのは良く分かりませんでした。

 以上をまとめると「初期エクゾディアにおいては右足・左腕・右腕にスタジオダイス版が存在し、左足・本体にはスタジオダイス版が存在しない」という最初に提示したことは合っていると言って良いでしょう。

 

おまけ

 エクゾディア5枚持っている人なら一度は遊びたくなるアレです。

 

f:id:aqn1313:20180819215824j:plain

 

 コレクションに精神的に疲れた時にやりがちですね(笑)

 とはいえ、少し探しただけでも他にこれだけのハンド関連のカードがあるので、意外と奥が深そうです。面白い組み合わせがあったら教えて下さい。

 

f:id:aqn1313:20180819215927j:plain

 

まとめ

 初期エクゾディアのスタジオダイス版についてまとめました。改めて言われると「確かに!」と感じる内容かもしれませんね。

 収集時はバラで集めるよりまとめて集める人が多いと思いますが、そんなコレクション時の参考にしてみてください。

 それではまた。

 

 今回紹介したカードに関連するカードはこんなものがあります。