遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

WCS2018 来場記念カードの相場とこれからをコレクター目線でまとめ!



 第16回世界大会である「World Championship 2018」が2018年8月4~5日にかけて、幕張メッセで行われました。その際の来場者に配布された記念カードの現在相場とこれからの相場をコレクター目線でまとめていきたいと思います。

 

 

f:id:aqn1313:20180810153024p:plain

該当カード

 今回の世界大会で配布されたのはこの2枚です。

 

  • 《青眼の白龍》20th SE
  • 《ブラック・マジシャン》20th SE

 

 今回は2枚の配布で、2枚とも20thシークレットとなっています。

 

現在の相場

 現在のメルカリ内では、封筒と合わせて未開封での取引が多いようで、その相場は約9万円となっています。初動が9~10万円でしたので、そこからは多少値下がりしているようです。

 この相場は「封筒」「20thシク2枚」合わせてで9万円となっており、出品に寄っては「プロモーションパック」「パンフレット」などもオマケで付いている出品も見られるようです。

 また、封筒だけで5000円の取引もあることから、20thシク1枚あたり4.5万円と簡単に計算できるものでもないようです。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20180810140137p:plain

 

  • twitter買取の様子

 

 

 

 

 

  • 2つの相場をまとめると?

 メルカリでは封筒ごと全てセットで取引されるため、詳しいバラ相場は分かりませんでしたが、twitter買取を見ていくと全体的に《青眼の白龍》の20thシクの方が高価買取されている場合が多いことが分かりました*1

 

相場を分析していく①「配布枚数」

※1 当記事の内容は9月半ばに1度一新いたしました。

※2 この記事のまとめ方を一応補足しておきます。

 一説には世界全体で見るとWCS2018の全配布枚数は9500枚のようです。枚数についてそこまで詳しい情報はほとんど出回っていませんし私も精通しているわけではないため、以下は世界全体では無く、あくまで日本で事実確認がとれているものをまとめます。より詳しい情報をお持ちの方は情報提供頂けると助かります。

 そうまとめた理由としては、国を跨いで流通することはあまりないであろうことを考えると、日本で普及した枚数が日本の相場に関係してくるのではないか?という予想から日本での配布枚数に絞って考えています。

 

  • WCS2018

 ここで今回WCS2018の配布枚数を見ていきましょう。

 

1.決勝会場入場者

 デュエルリンクスでの応募で入場できたのは3000名です。

 当日入場枠はないため、3000枚と分かります。

 

2.デュエルリンクスの大感謝キャンペーン

 このツイートからも分かるように別途で50名に配布されます。

 

3.World Championship 2018 Celebration Event

 世界大会の翌週に、その世界大会と同じレギュレーションで行われる記念イベントがあるようです。全国のコナミフレンドリーショップで開催され、開催店舗の優勝者には「WCS2018 来場記念カードセット」が贈られます

 日本以外でも行われるようなので正確な数字は出せませんでしたが、日本の店舗では合計311会場で行われるようです。つまり最低でも311枚は配布されることになります。

 

 合計すると3361枚配布(現時点では3000枚)されているようです。

 

  • WCS2017

 次にWCS2017の配布枚数を見ていきましょう。

 

1.決勝会場入場者

 2017年では事前抽選で当選した1200名が来場したようです。

 当日入場はなかったため、1200枚のようです。

 

2.その他の配布

 その他の配布を全てまとめると、現在まで1135枚配布されています。

 

 以上を合計すると2335枚配布されているようです。

 

相場を分析していく②「WCS2017の相場」

 現状で分かっていることはWCS2017で配布された3枚のカードの相場です。

 改めて3枚の相場(2018年8月時点)を簡単に調べてみました。

  • 《ブラック・マジシャン・ガール》ホロ 13万前後
  • 《青眼の亜白龍》シク 12~14万
  • 《死者蘇生》ウルトラ 2.5万前後

 以前、秘蔵レアをまとめた際は、《ブラック・マジシャン・ガール》《青眼の亜白龍》どちらも10万前後の相場でしたが、3割ほど値上がりしているようです。《死者蘇生》は人気が無いのかあまり変動はありませんね。

 これら3枚の封筒込み未開封の相場となると約28万前後となっており、3枚の相場を合計した相場に近いものになっています。丁度1年前の相場も合わせて調べましたが、最低相場は17万円ほどで大体20万前後の取引が多く見られました。

 

相場を分析していく③「9月時点でのWCS2018の相場」

 先程8月時点での初動相場をまとめた際には、未開封の相場が約9万円となっていましたが、1ヶ月以上経過した時点での相場を改めて調べてみると、5.5万~6万円まで値下がりしていることが判明しました。1ヶ月で大きく値下がりしています。

 「WCS2017」が配布された去年のこの時期は丁度コレクター需要が大きく増えた時期と重なっていることが相場にも大きく影響している可能性があり、「WCS2018」はそういったコレクター需要が落ち着いた後に配布されたため、注目があまり集まらず相場は値上がりではなく値下がりに向かったのでは無いかと思われます。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20180914111018p:plain

 

①~③を加味した内容をまとめると?

 以前の個人的予想では、"シンプルにWCS2017と同様に相場が変動するのであれば、現在の9万の相場はこれから11~12万程になるのではないか"と予想していましたが、ここ1ヶ月の値段の推移を見る限りそこまでになることは無いようです。

 1ヶ月でここまで大きく値下がりしているため、現相場の約5.5万円も「まだ高い」可能性は十分にあります。何処まで安くなるかというのは、予想が大きく外れてしまったので正直予想が付きませんが、アド損せず購入したいのであれば今年いっぱい様子を見た方が良いと思います。

 

 

まとめ

 WCS2018 来場記念カードの現在相場をコレクター目線でまとめました。

 今後更に相場が変動するようなら、忘れてきた頃にまとめたいと思います。

 それではまた。

 

*1:店舗によっては《ブラック・マジシャン》の20thシクの買取金額の方が高い場合も中にはあるようです。