遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

あなたもコレクター予備軍かも?コレクターになりやすい人の特徴まとめ!



 私の持論ですが「遊戯王プレイヤーの半分以上はコレクター予備軍」だと思っています。今回は私が思う「○○な人はコレクターになりやすい」という傾向と特徴をまとめていきたいと思います。複数当てはまる人は、今は全くコレクターに興味が無くてもふとしたキッカケでなりうる可能性があるので、判断指標にしてみてください。

 

 

コレクターになるキッカケは些細なこと

 割とどんなことに対してもキッカケは些細なことなので当然といえば当然ですが、コレクターになるのもまたキッカケは些細なことの場合が多いです。

 私もふと気づいたらコレクターになっていたというのが正直な感想です。それまでは何かをコレクションしていた経験もなく、遊戯王自体も辞めて10年以上が経ち「もう遊んだり手に取ったりすることは無いだろうな」と思っていました。それが何がどうしてこうなった、今や重度のコレクターです。

 「俺(私)はコレクターなんて全く興味無いよ」と思っている人でも、私がそうだったように、何かのキッカケで突然コレクターに目覚める可能性が十分あると思います。そうしたコレクター予備軍の特徴を私の経験からいくつか挙げてみたいと思います。

 

コレクターの根本は思い出と憧れ

 コレクターに目覚めるキッカケは「昔の思い出が懐かしくて集め始める」場合がかなり多いのではないかと思います。その当時は手に入れられなかったものを、大人になり色々な制約から解き放たれて集め始める。昔の思い出を懐かしんだりするだけではなく、憧れを今になって叶えたいという思いがコレクターの根本部分ではないかと思っています。

 そう考えると、昔の思い出などを大事にしている人は後々コレクターになる可能性が高いと考えられるでしょう。

 個人的にはこれがコレクターの一番根本部分だと思うので別枠で触れてみました。私の考えですが、この考えを主軸に下記にまとめている項目で当てはまるものが多い人ほど、コレクター予備軍である可能性が高いと思います。

 

コレクター予備軍の特徴

  • コンプリートするのが好き

 コレクションの一番楽しいところは、集めているものをコンプリートする瞬間ではないかと思います。なので、なんでもいいからコンプリートするのが好きな人はコレクター予備軍の可能性があります。

 身近なところで言えば、「なんとなく買ったガチャガチャだったが"当たり全10種"が気になって全種揃えたくなってしまう」とか「スタンプラリーのスタンプが全部押されてないとモヤモヤする」とか「持ってる漫画の巻数に空きがあったら内容は知っているのに買って埋めたくなる」とかが挙げられると思います。

 これらの例は基本的に誰しも思うところではありますが、多少無理をしてでもやりきりたい人が潜在的なコレクターである可能性が高いです。例えば金銭的余裕が無いのにコンプリートしたい衝動の方が優ったり、ヘトヘトでもう動けないと思ってもスタンプを全部押したい欲望の方が勝ったり、そういう気質の人ですね。

 

  • 自分の持ち物が長持ちする人

  何でもいいので自分の持ち物が長持ちする人(大事にする人)は潜在的なコレクターである可能性が高いです。

 モノが長持ちするというのは、それだけ大事に使っていないと長持ちしないはずですし、物に対する思い入れが強いという証拠であるはずです。身近なことで判断できる一例を挙げると、「スマホ画面を割ったことが無いのが普通だと思っている人」や「財布や靴といった"普段から身に着けているもの"を長い期間使っている人」なんかは、モノを大事に使う気質がある人ではないかなと思います。

 モノを収集するのがコレクションですから、モノを大事にできる人ほど潜在的なコレクターだと考えられます。

 

  • 1つのことに長く打ち込める人

  簡単に言うと飽き性じゃない人は潜在的なコレクターである可能性が高いです。

 前述でコレクションの一番楽しいところはコンプリートする瞬間と言いましたが、コレクションはある程度集まってきて中々集めにくいものが残ったときが一番つまらない瞬間なんです。収集活動が停滞してくると地道に少しずつ集めていく訳なんですが、飽き性の人は変な時間が空くと急激に飽きてくるので、停滞してきた頃に大体飽きます。コレクターになったとしても集めきれずに辞めてしまうか、集めきって満足して急に飽きて売ってしまうような人が多いと思います。

 逆に長く打ち込める人というのは、たとえ1度飽きたとしてもまたモチベーションが上がってきた頃に復活して続けたりできる人です。そういう人の方がコレクションに向いていますし、コレクターに一度なってしまえば長く続けていくことができます。

 そうした自分の性格はある程度分かっていて判断も出来るので、コレクターに興味を持つ人は飽き性じゃない人の方が多いと考えられます。

 

  • プレイに関係ない理由でカードを手に入れたことがある人

 これは 「ノーマルは持ってるけどシークレットが綺麗だから欲しい」とか「カッコいい(かわいい)から欲しい」とか「特定のレアリティや言語が何故か無性に好きで欲しい」などなど人によって色々な理由があると思いますが、そういった理由でカードを手に入れた枚数が多い人ほど潜在的にコレクターである可能性が高いです。

 "コレクター=初期カードや高額カードを集めている人"という印象を持つ人は多いと思いますが、そんなことは全然ありません。好きなカードを集めていればそれはもう立派なコレクターです。なので、プレイ以外の理由でカードを手に入れた時点でそれはコレクション品であり、あなた自身も立派なコレクターの入り口に立っています。

 とはいえ何枚かは誰しもそういうカードがあるでしょうから、そういう理由で手に入れたカードが増えていけば、ふと気づいた時には「コレクターになってたのん!」ということになりがちです。

 

まとめ

 コレクターになりやすい人の特徴をまとめました。

 これは遊戯王に限ったことではありません。これらのことが多く当てはまる人は、仮に遊戯王コレクターにならなかったとしても、別の何らかのコレクターになる可能性が十分にあるのではないかなと思います。

 

 それではまた。