遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

《雷神の怒り》が高騰!新規カード《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の影響!

 ここ最近新弾パックの情報が解禁されていく中で《雷神の怒り》が注目を集め値上がりしています。その値上がりと新規カードについてまとめていきます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20180629012925p:plain

融合モンスター
星5/風属性/雷族/攻1900守1400

「エンゼル・イヤーズ」+「メガ・サンダーボール」



 

 《雷神の怒り》は初期「Vol.4」にノーマルで初収録され、以後2期「暗黒魔竜復活」でノーマル収録、「トーナメントパック2009 Vol.4」でノーマル収録されたカードになります。まだ発売されていませんが「トーナメントパック2018 Vol.3」にもノーマルで収録されることが決まっているカードですね。

 このカードの日本版レアリティはノーマルしか存在しません

 

値上がりの理由

 これは2018年7月14日発売予定の新弾「SOUL FUSION」において収録される《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の影響だと思われます。

 

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20180629013730p:plain

融合・効果モンスター
星10/光属性/雷族/攻3200守3200

「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)
(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。



 

 普通に出す場合は《サンダー・ドラゴン》3枚と《融合》の計4枚必要になりますが、《簡易融合》で《雷神の怒り》を場に出せば、2枚のカードで特殊召喚することができるため値上がりしているようです。因みに簡易融合で融合召喚できる雷族モンスターは《雷神の怒り》だけです。

 「トーナメントパック2018 Vol.3」で収録が決まっていることや、よくよく名前を見てみると雷神繋がりなので、この流れは製作サイドの意図したものでしょう。

 

SOUL FUSIONのネット購入はこちらから可能です。

 

 

現在の相場について

 このカードはコレクター視点からもプレイヤー視点からも特に大きな需要があった訳ではなかったため、以前は1枚100円以下の相場でした。ですが現在では1枚100~200円まで値上がりしているようです。このカードは「トーナメントパック2018 Vol.3」にて収録が決まっているためそう高い相場にはならないと思いますが、収録がトーナメントパックなのである程度の需要はあるようです。

(SOFU発売後追記)

 本記事は値上がり直後のものをまとめており、SOFU発売以降更に値上がりしています。大会においても成績を残しており、その影響もあってか1枚300円でも十分売れているようです。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20180629020016p:plain

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20180629020106p:plain

f:id:aqn1313:20180629020118p:plain

 

まとめ

 《雷神の怒り》の値上がりについてまとめました。現状メルカリ内では出品の方が多い為大きな値上がりはしていないようですが、今後どうなるかは微妙なところです。

 このカード自体は2期「暗黒魔竜復活」のものが割と出回っている印象があるので、他の収録が初期とトーナメントパックとはいえ物量はありそうな気がします。とはいえ何とも言えませんので、欲しい方は早めの方が良さそうですね。 

  それではまた。