遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

「レディ・デバッガー」が高騰!最新ストラクの影響!

 2018年6月23日に「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」が発売されました。その影響で「レディ・デバッガー」が値上がりしています。その値上がりと関連した情報も合わせてまとめます。

 

 

該当カードについて

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20180625183719p:plain

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700守1400

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

  「レディ・デバッガー」は2017年12月9日発売の「ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク」にてスーパーレアで収録されたカードです。今回発売されたマスター・リンクの1つ前に発売されたストラクチャーに収録されたものですね。

 

値上がりの理由

 これは勿論「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」が発売され、サイバース族が更に強化されたためでしょう。「レディ・デバッガー」は非常にシンプルかつ強力なサーチカードですので、展開の起点になるようなカードということもあり値上がりしているようです。

 

 

現在の相場について

 値上がり前は1枚100~200円で取引されていましたが、現在では1枚300~400円で取引されています。最近発売されたストラクチャーに収録されたとはいえ、その1度しかまだ収録がないことから大きく値上がりしているようです。

 

  • メルカリでの取引の様子

f:id:aqn1313:20180625185101p:plain

  •  価格変動の様子

f:id:aqn1313:20180625185128p:plain

 

小ネタ

 このカードの値上がりに絡んで「捕違い」も注目されてきており、押さえておきたいカードです。

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20180625185548p:plain

速攻魔法

(1):このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。

 

 「レディ・デバッガー」をはじめ、今回ストラクチャーに収録された強力カード「マイクロ・コーダー」の効果にもサーチ効果が含まれているため、対策として注目されているようです。ただ、注目されているだけで使われるかどうかはまだ不明で値上がりもしていないようです。

 

カード画像 カード効果など

f:id:aqn1313:20180625185919p:plain

効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻300守0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

 

まとめ

 「レディ・デバッガー」の値上がりについてまとめました。サイバース族が強化された「ストラクチャーデッキ マスター・リンク」では「戦線復帰」「和睦の使者」「手札断殺」などの優良カードも収録されており、痒いところに手が届く内容になっているようです。

  それではまた。