遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王 初期 LIMITED EDITION 1について解説!part2



 以前LIMITED EDITION 1(リミテッドエディション1)について、記事作成時点での相場を中心にまとめました。今回は「実際の光り方」「ありがちな傷」などをより深くまとめていきます。

 

 

この記事について

 既に集めることを決めている人にはあまり関係が無いかもしれませんが、気に入ったカードだけ欲しいような人に取っては、実際の光り方がどうなのかは重要な判断基準になると思います。ただ細かい光り方は実際に見ないと分からないものですので、それをなるべく分かりやすく紹介していく記事です。

 試験的に今回はLIMITED EDITION 1についてまとめますが、反響があれば今後も色々とまとめていく予定です。

 

LIMITED EDITION 1に良く見られる傷

 私が調べてきた中で良く見られる傷について少し言及します。

 

  • 表面のスレ

 古いカードということもあり、表面のスレは大なり小なりほとんどあります。そのスレがどの位目立つかによって大きく相場が変わってきます。私個人としては、パッと見たときにスレに目がいってしまうような状態は傷ありとして考えます。なので、絵柄に目立つスレがあった場合、それがモンスター部分にあるか背景部分にあるかでも傷の体感は変わると思います。

 完全に表面に傷が無いものというのは、そうそう出品されない(コレクションとして出てこない)ので、ある程度小さい傷は妥協した方が良いかなと思います。

 

  • 枠キラ

 この当時のカードは、開封した時点で枠キラがあるものも多いようで、枠キラは傷のうちに入らないと思います。本当にこだわるコレクターならば、ほぼ未使用レベルのカードを複数枚購入し、より初期傷が少ないものを選別したりする人も時々見かけます。

 

  • 表面の剥げ

f:id:aqn1313:20180620234858j:plain

 イラスト加工が剥げて、絵柄下のホイル加工が見える傷は意外と小さくとも目立ちます。絵柄にあると小さいものでも結構気になるので、傷が気になる人にとっては有無をよく確認したい傷かなと思います。

 

  • 背面の白剥げ

 初期に良く見られる傷で背面の右上部分が白くなっている初期傷があります。名前印字の際に付いた傷だと思われ、小さいものだと白点程度ですが大きなものだと名前もハッキリ見えてきます。

 画像上が「妖精の贈りもの」下が「2人3脚ゾンビ」ですが、「妖精の贈りもの」に至っては名前が確認できるほどハッキリ見えますね。「2人3脚ゾンビ」は脚の部分だけなんとなく見えます。一応初期傷なので人に寄っては嫌う人も居ますが、ハッキリ名前が見えるものは逆に欲しい人も居るようです。なお希少性についてはよく分かりません。

f:id:aqn1313:20180621000106j:plain

f:id:aqn1313:20180621000118j:plain

 

実際の光り方について

 それでは個別でそれぞれの光り方を正面・右・左の3パターンで見ていきます。

 

  • くいぐるみ

f:id:aqn1313:20180621001200j:plain

f:id:aqn1313:20180621001219j:plain

f:id:aqn1313:20180621001231j:plain

  • 千年の盾

f:id:aqn1313:20180621001356j:plain

f:id:aqn1313:20180621001406j:plain

f:id:aqn1313:20180621001415j:plain

  • トビペンギン

f:id:aqn1313:20180621001548j:plain

f:id:aqn1313:20180621001602j:plain

f:id:aqn1313:20180621001611j:plain

  • メガソニック・アイ

f:id:aqn1313:20180621001748j:plain

f:id:aqn1313:20180621001756j:plain

f:id:aqn1313:20180621001803j:plain

  • ヤマドラン

f:id:aqn1313:20180621002023j:plain

f:id:aqn1313:20180621002032j:plain

f:id:aqn1313:20180621002042j:plain

f:id:aqn1313:20180621002055j:plain

  • 妖精の贈りもの

f:id:aqn1313:20180621002218j:plain

f:id:aqn1313:20180621002232j:plain

f:id:aqn1313:20180621002246j:plain

  • タクリミノス

f:id:aqn1313:20180621002408j:plain

f:id:aqn1313:20180621002417j:plain

f:id:aqn1313:20180621002427j:plain

  • 2人3脚ゾンビ

f:id:aqn1313:20180621002619j:plain

f:id:aqn1313:20180621002629j:plain

f:id:aqn1313:20180621002644j:plain

f:id:aqn1313:20180621002657j:plain

  • ヤランゾ

f:id:aqn1313:20180621002825j:plain

f:id:aqn1313:20180621002834j:plain

f:id:aqn1313:20180621002841j:plain

 

  • それぞれのカードについて

  「千年の盾」「トビペンギン」は実際にプレイされる(されていた)可能性がある*1カードですので、カード上部のスレが無いか確認した方が良いかもしれません。「トビペンギン」は傷が結構目立ちやすく、お腹部分にスレがあるかどうかで印象がかなり変わってきます。

  「ヤマドラン」は光に当てたときの背景が良いですね(画像4枚目参照)。この背景は暗いのでスレが見えやすい可能性があるので注意が必要です。胴体に剥げが1箇所ありますがこれは少し目立ちますね。少しホイルズレしてます。

  「妖精の贈りもの」は前回も触れましたが背景がシンプルかつ広いので、小さな傷でもかなり目立つかと思います。右足部分の傷もかなり小さいですが、画像で見ると角度に寄ってそれなりにハッキリ見えてしまいます。

  「2人3脚ゾンビ」の光り方は面白く、体が光って着ている服が光っていません(画像4枚目参照)。恐らくゾンビだからでしょうか…?この中で一番光り方を楽しめるカードかなと思います。

 「ヤランゾ」は本体以外箱も光っています。眼が綺麗に光るのが良いですね。

 

 タクリミノス」は紹介するにはちょっと傷が多いので、今後画像を入れ替えるかも。

 

まとめ

  LIMITED EDITION 1(リミテッドエディション1)についてより細かくまとめました。

 「実際の光り方」は持っている人しかあんまり分からないですが、実際に良く見てみると意外と持っている私本人も「へぇ~こんな光り方してるんだ」と気づくこともありました。少しでも参考になれば幸いです。

 それではまた。

 

*1:「トビペンギン」はペンギンデッキ、「千年の盾」は単純に強力な壁モンスターとして使われることが多かった。たとえスリーブをしていたとしても、柔らかいスリーブの場合カード上部にプレイ傷ができる場合も多い。