遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王 エラーカード編② カード全般に見られるエラーを一挙紹介!

 エラーカード編の2回目ということで、前回は良く耳にする「枠ズレ」「ホイルズレ」を紹介しましたが、今回はその他の全てのカードに起こり得るエラーを分かる範囲でまとめていきます。なお、ある特定のカードにしか見られないエラーについては③でまとめる予定です。

 

 

①で紹介できなかったその他のズレ

  • レリーフズレ

 その名の通り、レリーフ加工がズレてカードイラストと正しく合致していないものです。そう大きくズレているものは無いようですが、レリーフ加工は少しズレているだけでも結構目立ちますね。こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180531143627j:plain

f:id:aqn1313:20180531143653j:plain

f:id:aqn1313:20180531143712j:plain

 

 微妙にズレてるかな位のものが多いです。私が確認した中では《インセクト女王》《降雷皇ハモン》の2枚はそこそこ数があるようで複数の出品が見られました。

 

  • 名前若しくは振り仮名ズレ

 こちらもそのままで名前や振り仮名が本来の位置からズレているようなものです。こちらは誤差程度のものから、かなり大きなズレまであるようです。こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180531144121j:plain

f:id:aqn1313:20180531144140j:plain

f:id:aqn1313:20181103060524j:plain

f:id:aqn1313:20181103060534j:plain

f:id:aqn1313:20180531144133j:plain

f:id:aqn1313:20180531144153j:plain

 

 私が確認した中では《グレート・モス》《マジック・ジャマー》の2枚は名前が下にズレているものがそこそこあるようです。英語版では画像3枚目のブラマジのような非常に大きなズレが見られるカードが複数存在しているようです。なお振り仮名エラーでは《守備封じ》なんかが良く知られています。

 

f:id:aqn1313:20180821230021j:plain

f:id:aqn1313:20180821230035j:plain

 フルコンプ秋葉原店では超希少エラーカードが2018年8月20日に販売されていました。(同日に買い手が現れたそうです。)

 

  • 銀シールズレ

  通常右下にある銀シールですが、それがあらぬ場所に付いているカードも稀に存在するようです。こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180629202335j:plain

 

 銀シールが左下に、しかも半分欠けた状態で付いています。

 

名前二重エラー

 名前だけが二重に印刷されてしまったエラーカードです。画像を見て一瞬「単なる手ブレでは?」と思うのですが、良く見ると効果欄はブレていないので二重だと分かります。二重エラーの中では《聖なるバリア ミラーフォース》などは時々見かけます。こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180531145348j:plain

f:id:aqn1313:20180531145355j:plain

 

名前印字無し

 名前が何らかの理由で無いものがあります。この名前無しエラーで注意すべき点は名前なしエラーは意図的に作成出来てしまう点、また経年劣化により名前が薄くなる(消える)場合がありえる点です。以前意図的に名前を消して出品を繰り返していた悪質な出品者を見かけたこともありました。

【追記】

 実際のところ、印字無しエラーとして正式に分かっているものは数種程度で、他のものは意図的に作成されているのではないか?というのが有力なようです。これらの正規エラー品は偽造防止のシールも一緒に無くなっていることが特徴のようです。また、名前欄に押した跡が無いものも作れるという話もあり、購入検討は注意すべき出品です。

 この《落とし穴》を見ると明らかに名前の凹みが見られます。こういったものはエラーではありませんが、名前の凹みが無いからといってエラーである可能性は非常に少ないでしょう。

 こちらは実際に取引されていたものです。上記を踏まえて見ると、ミスト・ボディ》は本物のエラーである可能性が高いですが、オレイカルコス・シュノロス》は偽物である可能性が非常に高いです。

 

f:id:aqn1313:20180531150722j:plain

 

f:id:aqn1313:20180531145931j:plain

f:id:aqn1313:20180531145942j:plain

 

 余談ですが、個人的にはパラレルレアの名前印字は経年劣化で消えやすいのではないかなと思います。

 実際に作成した上で分かったことなどもまとめています。

 

www.yugioh-collector.com

 

名前印字のレアリティミス

 本来はウルトラレアなので印字は金色になっていないといけないのですが、これが銀色になってしまっているエラーが存在します。こちらは実際に取引されていたものです。

【追記】

 こちらのエラーは意図的に作られたエラーである可能性が非常に高いようです。

 金文字が銀文字になっているエラー、その逆で銀文字が金文字になっているエラー、どちらもが意図的に作成されたものである可能性が非常に高いため、購入は辞めておいたほうが無難です。

【2018年10月28日 追記】

 実際に銀文字を作成した検証記事もまとめているので、こちらを参照して下さい。

www.yugioh-collector.com

 

f:id:aqn1313:20180624221856j:plain

f:id:aqn1313:20180624221912j:plain

f:id:aqn1313:20180628190424j:plain

f:id:aqn1313:20180830191206j:plain

 

プレス跡(裁断エラー)

 製造過程において、パックにカードを上下でプレスして封入する際にカードが巻き添えになったものを指します。意外と色々なカードに見られるエラーで、比較的数も多いエラーではないかなと思います。裁断エラーとも言われますが、裁断エラーだと枠ズレやその他のエラーも合わせて指します。カードの中心に来ているほど希少。こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180531151735j:plain

f:id:aqn1313:20180531151753j:plain

 

 かなり高額で取引されたプレスミスだとここまでのものもあるようです。ここまでハッキリプレス跡が見えるのは凄いですね。

 

f:id:aqn1313:20180604195835j:plain

 

薄い線が入っているエラー(ローラー跡)

 スーパーレア以上のレアリティにおいて、絵柄の光っている部分に薄い線が入っているエラーが存在します。俗称だと思いますが「ローラー跡」などと呼ばれることがあるようです。日焼け等の劣化からくるものではなく製造過程においてのもののようです。このエラーはカード表記が初期のものが大半で、太さは指1本より少し小さいぐらいで幅の差異は無いようです。また、線の高さもまちまちで低い位置にあったり高い位置にあったりします。

 これらは一定の太さですが、中には斜めに入っているものや線が薄いものなどがあり(それらは通常とは出来る理由が異なるようですが理由までは不明)、それらのエラーは超希少なものであるようです。

 こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180531152700j:plain

f:id:aqn1313:20180531152711j:plain

 

 このエラーは探してみたところ、私も1枚所有していました。実は購入時には全く気づかず、なんとなく眺めていた時に発見したので驚きました…。この心変わりもそうですが、パラレルレア・シークレットレアは良く見ないと分からないので、もしかすると貴方のコレクションファイルの中にもあるかもしれません。

 

f:id:aqn1313:20180531153452j:plain

f:id:aqn1313:20180531153536j:plain

 

 余談ですがこのエラーはカードによって"比較的良く見るカード"が存在します。そのため、良く知らずにこのエラーに手を出すのはあまりオススメできません

 

別カードの加工エラー

 本来のカードとは別のカードの加工が施されてしまっているエラーが存在します。これらはカード全般に見られるものではありませんが、複数種類があるようなのでこちらの方でまとめます。こちらは実際に取引されていたものです。

f:id:aqn1313:20181103061259j:plain

f:id:aqn1313:20181103061404j:plain

f:id:aqn1313:20181103061420j:plain

f:id:aqn1313:20181103061431j:plain

 

パラレル加工エラー

 パラレル加工がイラスト部分にしかかかっていないというものが存在します。シークレットがパラレルのように見えるプラチナレアは知られていますが、その逆も存在しているようです。こちらは実際に取引されていたものです。

 

f:id:aqn1313:20180624221842j:plain

 

まとめ

 特定の決まったカードだけのエラーを除き、複数のカードに見られるエラーをまとめて紹介しました。これ以外にもあるかと思いますので、紹介し切れていないものは今後加筆する可能性もあります。

 製造過程で酷いものは弾いたりするでしょうから、エラー出品の大半が小さなエラーで目立つものは相当珍しいでしょう。私はそこまで興味がありませんが、こういったエラーカードを集めている人も多いようです。

 私の一件もありますので、今一度コレクションを眺めてエラーカードを探してみると良いことがあるかもしれませんね。

【追記】

 本文中の「名前印字無し」「銀文字・金文字」についての一部内容はこちらのブログの記事等を参考に追記させて頂きました。許可を下さった管理人の未来(あかね)さんありがとうございました!

blogs.yahoo.co.jp

 

 それではまた。