遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

青眼の白龍のノーマルカードについて



青眼の白龍(ブルーアイズ)と言えばやはり高額カードの印象が強いですが、実はノーマルカードも密かに需要があることをご存知でしょうか?意外と知られていないノーマルブルーアイズをまとめます。

 

青眼の白龍のノーマルは全6種類!

 青眼の白龍は基本的に高レアリティのイメージがありますが、実はノーマルは今までに6種類登場しています。

  • 2002年1月24日発売の「ストラクチャーデッキ海馬編」に3種
  • 2003年12月11日発売の「ストラクチャーデッキ海馬編2」に1種
  • 2010年9月25日発売の「モンスターフィギュアコレクション3」に1種
  • 2011年12月10日発売の「ストラクチャーデッキドラゴニックレギオン」に1種

の計6種です。

 

ノーマルでも需要がある

 青眼の白龍のノーマルは上記を見ると分かる通り、全てストラクチャーデッキ収録で例外としてフィギュアのおまけとして1度封入されたのみです。パック収録などではないため枚数が少なく珍しいことや、コレクションとしての需要もあるため密かに需要があるカードになっています。

 特に「ストラクチャーデッキ海馬編」に登場したものは、高額カードをノーマルカードにしたものになっているため人気があります。ウルトラレアの藍眼白龍は懸賞限定で相場30万以上するカードでそう簡単に手が出せないカードです。持っている人はレアリティ違いの比較として、持っていない人はその代わりとして購入する人が多いようです。

 

f:id:aqn1313:20180510173519p:plain

(ストラクチャーデッキ海馬編に封入されている藍眼白龍ノーマル[KA-04])

 

 

型番別の相場や需要

  • KA-03

f:id:aqn1313:20180510174631p:plain

 

 このカードのイラストは初期EX2期EXに封入されたウルトラレアのイラストと同じですね。ウルトラレアは特に珍しいカードではなく相場も1枚100~200円程度ですが、ノーマルの美品であればウルトラレアを超えて1枚300円近くまでするカードでは無いかなと思います。

 

 

  • KA-04

f:id:aqn1313:20180510173519p:plain

 

 先ほど触れた「藍眼白龍」のノーマル仕様です。ウルトラレアが非常に高額ということもあり、傷の状態にも寄りますが1枚600~900円ほどが相場のようです。ストラクチャー故KA-03と同数のはずなのにここまで相場に差が出るのは面白いですね。

 

f:id:aqn1313:20180510175526j:plain

 

 メルカリでもある程度取引されています。傷の度合いに寄っては1000円近くでも売れ、500円でも売れ残っています。

 

 

  • KA-05

f:id:aqn1313:20180510175747p:plain

 

 週刊少年ジャンプの懸賞で当たる「Blue-Eyes White Dragon(英語版ウルトラ)」のノーマル仕様です。こちらも同様にウルトラレアが非常に高額ですが、中国語版に比べて英語版の方が代わりが利くカードが多いこともあるのか相場は控えめです。傷の状態にも寄りますが1枚200~500円ほどが相場のようです。

 

 

  • SK2-001

f:id:aqn1313:20180510180542p:plain

 

 このカードは2003年12月11日発売の「ストラクチャーデッキ海馬編2」に収録されました。時期的には3期のカードで、パックでは「天空の聖域」の後になります。3期までであれば少数だと思いますがコレクターもいるのではないでしょうか。相場は1枚100~300円程度だと思いますが、15年前の古いカードなので出品数が少ないことを考えるともう少し高くても欲しい人はいるかもしれません。

 

 

  • MFC3-JP001

f:id:aqn1313:20180510181439p:plain

 

 定価500円の商品にフィギュアと一緒に封入されたカードのようです。確定で封入されているわけではなく5種あるうちの1種がこのカードだったようですね。私はデュエルターミナルをプレイしたことが無いので分かりませんが、このカードをスキャンすることで隠しデッキが出現するようです。

 相場については取引母数が少ないので推測ですが、未開封であれば1000円近くするようで開封済ならば1枚300~600円ほどのようです。

 

 

  • SD22-JP004

f:id:aqn1313:20180510182111p:plain

 

  SD22の型番からも分かりますが、比較的新しいカードです。2011年12月10日発売の「ストラクチャーデッキドラゴニックレギオン」に収録されたものであり、1枚100円程度が相場では無いかなと思います。

 

 

まとめ

  2期ストラクチャー海馬編に収録された「藍眼白龍」「Blue-Eyes White Dragon」の2枚は初期だけのコレクターであっても欲しい人は多いでしょう。ノーマルと言えども意外と見栄えするカードなんですよね。ただかなり昔のカードですし、ブルーアイズは昔からのエースモンスターでもあるので、綺麗な状態で残っているものはかなり少ないと思います。

 石版ブルーアイズは3期にウルトラ・パラレルで登場したイメージがありますが、意外と再録されてもいるので、そこまでイラストとしての価値は無いのかなと思います。イラストより型番に価値が付いているようなものなので、マニアックな人向けになるでしょう。

 

それではまた。