遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

古戦場の戦績を振り返る雑記。

騎空士の方、古戦場お疲れ様でした。今回は激戦でしたが私はなんとか上位入賞を果たすことが出来たので、そのまとめみたいな形で総括したいと思います。

 

今回の古戦場について

 今回の古戦場を一言で表すなら「激戦」でしょう。

 色々な理由から今までまったりプレイしてきた人と、がっつりプレイしてきた人との差が明確に出るような古戦場でした。本ブログでも予測した通り、HELLでは光編成の特徴である高HPに合わせたようなダメージが印象的でした。逆に言ってしまえばHPさえ盛れているのであれば簡単な部類のボスだったので「強すぎ!倒せない!」という意見と「今回は簡単で楽」という意見で割れた形になりましたね。

 一番の話題はやはりボーダーの上がり方で、最終日は2万位ボーダーが約1億あがり、前回の闇古戦場や今までの上がり方から考えても伸び幅が異常でした。なぜ今回はここまでボーダーが伸びたのでしょうか?

 

  • ボーダーが上がった理由を考えてみる

 今回のボーダーがここまで上がった理由は簡単に説明できるものでは無いと思います。それは何故か私が考える理由を列挙していきます。

 

・マグナ2実装による火力インフレ

・マグナ2装備を集めている人にとっては実装前よりもグラブルに割く時間が長い生活サイクルの人が多いであろうこと、またそれらの人がそのまま古戦場を走ったため

・マグナ2の副産物として今回の要であったシュバ剣が落ちた

・ゼノコロゥが光古戦場直前に実装された

・イベントの影響などでここ数ヶ月で新規プレイヤーが増えた

・準備期間が十分にあり、半額が長かった

・EX+周回等に「もう一度プレイする」ボタンが追加された

・個人1億報酬・団10億報酬に「至極の指輪」が追加された

・古戦場で貢献度を稼ぐ要の4・5日目が丁度土日。GW入りだったことも…

・メカニック編成の有用性が闇古戦場時より知れ渡った

 

 少し考えただけでこれだけ理由が考えられます。単純にインフレしたからという訳ではなく全体の母数人数が増え、またモチベがあればある程度を稼ぐことが容易になったことが理由だと思います。

 あまり話題にはなりませんが、以前に比べクエストで貰えるランクポイントが大きく増えたことでやる気があれば新規プレイヤーでも簡単にrank100に到達出来てしまうのではないかなと思います。私が始めた2年前は半年かかって漸くrank100に到達するような感じでしたが、今は1ヶ月もかからずに到達できる人も多いんじゃないでしょうか。rank100に早くなることが早く強くなるためには絶対必要なので、今と昔で新規プレイヤーの伸びはかなり違うでしょう。そのため新規だからランキングには関係ないとは言えないと思うんですよね。それに加えて光は長らく不遇の属性で捨ててる人も多かったでしょうし、短期間に一気に強化できてモチベが上がった人も多いでしょう。

 EX+周回が便利になったことで相当な時短ができるようになったので、貢献度が大きく伸びたからと言ってもそれに比例して稼ぐためにかかる時間が増える訳ではないはずです。戦力強化できていればそれだけで時短にもなります。なのでプレイの仕方にも拠るでしょうが、数字だけを誇張するまとめやtwitterの文章を安易に信じないことです。

 余談ですが来月の土古戦場は今回の貢献度をベースに考えて良いと思います。今回は日程の影響で稼ぎやすく、マグナ2実装直後の影響が大きかったので次回はその分落ち着くでしょうが、EX+周回が楽になったことに変わりはないのでそこがやはり大きいでしょう。

 

  • 今回の戦績

低空など色々制約がありましたがなんとか100位以内入賞を果たすことが出来ました。

 

f:id:aqn1313:20180430131142p:plain

 

垢バレはあまり好きでは無いので数字は隠しました。

今回の100位ボーダーはジャスト8億です。

(※順位表示が4~99位の表示なのでその中に居るという証明です)

 

古戦場の歴史を振り返ろう

おまけで私の今までの入賞SSから古戦場の歴史を振り返ってみます。

 

  • 2016年12月(土有利 ボス:スノウマン)

f:id:aqn1313:20180430131836p:plain

 1年半前は約8千万で1000位以内に入賞できていたんですね!

 単純に数字だけ見れば今と比べて遥かに楽そうですが、今英雄称号を取るのと掛ける時間は同じ位だと思います。

 

  •  2017年1月(風有利 ボス:ゴライアス)

f:id:aqn1313:20180430132302p:plain

 ボスのゴライアスは一つ目の怪物です。単発ダメージが痛かった印象。コルワ全盛期で、コルワさえいれば楽に稼げたような記憶があります。

 

 3月(火有利 ボス:ベラドンナ)のSSは保存忘れでありませんでした。順位は8000~9000位だったようです。

 

  •  2017年4月(水有利 ボス:ヴェスパ・レジーナ)

f:id:aqn1313:20180430133047p:plain

 ボスのヴェスパ・レジーナはDOで登場しましたね。この当時はヴァルナを持っている人も少なくマグナでも十分戦えました。クリアだけ常に足りなくなる古戦場でした。

 

  •  2017年5月(闇有利 ボス:カフヴァール)

f:id:aqn1313:20180430133126p:plain

 このあたりから1億超えをしたりしなかったりですね。この頃の闇は水ゾがいるかいないかで全て決まってました。なお私は今でも未所持です。

 

  • 2017年6月(光有利 ドゥンケルハイト)

f:id:aqn1313:20180430133536p:plain

 前回の光古戦場ですね。シュバ剣の本数勝負の古戦場でした。この頃の光は育成している人も少なく、ボーダーは他属性よりも低かったと思います。

 

  • 2017年8月(土有利 オクトポーデ)

f:id:aqn1313:20180430133601p:plain

 ここでもまた一段ボーダーがあがりました。ボスの水タコはダメージが痛く、クリアマウント必須とやりにくいボスでした。

 

  • 2017年9月(風有利 バイア・ソー)

f:id:aqn1313:20180430133624p:plain

 この頃の風はティア銃染めの背水編成がほとんどだったので、ボスのダメージも丁度良く稼ぎやすかった印象があります。

 

  • 2017年11月(水有利 セスランス)

f:id:aqn1313:20180430133647p:plain

 ここで初めてボスが見慣れた召喚石キャラになりました。この頃はヴァルナを持つ人も増えてきていたので、マグナ編成だった人は相当辛い古戦場だったと思います。

 

  • 2018年1月(火有利 ケツァルカトル)

f:id:aqn1313:20180430133716p:plain

 ここまで来ると最近という感じがしますね。シヴァを持つ人が増えたことで貢献度を一気に稼げるようになりボーダーが爆上がりしました。

 

  • 2018年2月(闇有利 ボンボン・ポニー)

f:id:aqn1313:20180430133743p:plain

 前回の古戦場ですね。バレンタインにちなんでチョコのボスでした。ヘルマニビスが強力で、蘇生薬を駆使すればマグナでも十分稼げました。

 最近は箱開けペースがあがり古戦場アイテムが無くなる心配が無くなったので、使い方が今後の肝になってきそうです。

 

まとめ

 次回の土古戦場に伴い、ゴブロは勿論ですがユグマグHLも人気マルチになったので、どちらも1日2回自発していきたいですね。土エレメントもマグナ渾身を目指すなら相当数必要なので、ゴブロのアニマより土エレメントをいかに確保できるかが古戦場までの戦力強化のポイントでしょう。

 また今回の記事で一区切りして、5月以降は本ブログでグラブルの記事を書くことはほぼ無くなると思います。何個かお試しで書いてみましたが特に続けて書く理由が無さそうなので。グラブルのコレをまとめて欲しい!みたいな声があれば検討しますが、以後は遊戯王のブログに戻していきます。

それではまた。