遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王初期コレクション編⑫ BOOSTER6・7をコレクター目線で解説!

 初期BOOSTER6・7を集めた中で感じたことなどをまとめます。ブースターも最後になりましたので、今回は2つあわせて簡単にまとめていきます。

 

BOOSTER6・7概要

  •  BOOSTER6

 ・発売日:1999年12月1日

 ・収録カード:全40種(N35種、R5種)

 ・収録内容(遊戯王wiki)

  •  BOOSTER7

 ・発売日:2000年3月1日

 ・収録カード:全40種(N35種、R5種)

 ・収録内容(遊戯王wiki)

 

 BOOSTER6に収録されている字レアはVol.6と、BOOSTER7はに収録されている字レアVol.7とそれぞれ重複します。

 BOOSTER7はBOOSTER6の3ヵ月後という遅い時期に登場したこともあり、発売はEX(1999年12月16日発売)より後です。これまでのBOOSTER記事では、EXと重複するカードを紹介してきましたが、BOOSTER7に限ってはEX収録からBOOSTER7に再録された形になります。

 

メルカリでの相場

 「良品1枚100~150円」程度で購入できるカードが多いと思います。シリーズでも最後の方のものですので、BOOSTERの中では出品数も多く集めやすいです。また、後半といえど絶版カードも一定数ありイラストも十分楽しめます。

 

EX収録カード

 それではEXに収録されているものを見てみましょう。

 

f:id:aqn1313:20180408212331p:plain

 

 BOOSTER6では「ミノタウルス」、BOOSTER7では「ガーゴイルパワード」「デビルドラゴン」が該当しました。気になる人はこの3枚の表記に注意しましょう。画像にはありませんが、スタジオダイス版の表記があったらEX収録のものです。

 BOOSTER7はEXの後に発売されたものですが、EX収録されている2枚以外のスタジオダイス版は見たことが無いため、BOOSTER7内にもスタジオダイス版は無いと考えられます。もし、EX収録されていないBOOSTER7収録のスタジオダイス版を見たことがある・所持している方はご一報頂ければと思います。

 

集めにくいと思われるカード

 収集過程で個人的に集めにくいように感じたカードを簡単にまとめます。

 

  • BOOSTER6

f:id:aqn1313:20180408213331j:plainf:id:aqn1313:20180408213344j:plain

 

 BOOSTER6では「セイレーン」「砂の魔女」の2枚が比較的相場が高いうえに、出品数も少なく美品を収集するのが難しいカードだと思われます。

 「ゲールドグラ」については昨年大きく高騰し1枚2000円近くまで値上がりし非常に集めにくいカードでしたが、現在は1枚400~500円まで落ち着いています。1度注目されたことで出品が盛んになり、値段が下がった現在でも出品はあるようなので、値段はそこそこしますが集めやすいカードになりました。

 

f:id:aqn1313:20180408214014p:plain

f:id:aqn1313:20180408214026p:plain

 

 メルカリでは今でも初期カードとしてはコンスタントに取引されているようです。相場も値下がりして落ち着いているので大きな変動は今後当分無いでしょう。

 

  • BOOSTER7

f:id:aqn1313:20180408214248j:plainf:id:aqn1313:20180408214249j:plain

 

 BOOSTER7では「美しき魔物使い」「地獄の魔物使い」の魔物使いズが相場も高く集めにくいカードではないかなと思います。「地獄の魔物使い」だけ「モンスターテイマー」と当て字を使っているのが面白いですね。BOOSTER7は今まで見たことがなかったイラストが多く、収集初期は集めにくい気がしましたが、集めてみると意外とすんなり集まるカードが多かったように思います。

 ただ、やはり魔法・罠カードの方が鬼門で「磁力の指輪」「ドーピング」「グリフォンの翼」の3枚は集めにくいです。出品自体されることが少ない、2期再録の出品が大半、効果が弱いため美品が珍しいの3拍子が揃っています。シングルでは手に入れにくいのでまとめ売りなどで手に入れていきたいカードです。

 

まとめ

 BOOSTER6・7をまとめてみました、これでブースターシリーズは最後になります。基本的にBOOSTERカードは一期一会みたいな所があるので、多少高くても「これだ」と思ったら手に入れておいたほうが後々良かったと思うことが多かったですね。

 序盤はまとめ売りから、集まってきたらシングルで収集していくのが一般的かと思いますが、初期まとめ売りはきちんと相場を把握できていないと、ぼったくりに近いような商品に当たってしまう可能性がある*1ので注意が必要です。またその逆のケースも場合によってはあるのでちょっとした福袋感覚で買うのも良いかもしれませんね。

 

 コレクションは自分のしたい時にしたいだけするのが一番楽しいと思います。好きに色々集めてみて、飽きたらまた意欲が沸くまで放置も良いでしょう。ふと興味が沸いた頃なんかにこの記事が何かの役に立てば幸いです。

 

 合わせてカードリストを確認したい方はこちらより。

www.yugioh-collector.com

www.yugioh-collector.com

 

 それではまた。

 

 

*1:ここまで読んだ方なら分かると思いますが、一口に「初期ノーマルまとめ売り」と言ってもBOOSTER収録かVol収録かどちらの比重が多いかだけでも同じ枚数で数倍~10倍近い相場差があります。そのため購入する際はよく確認を取り、信頼できるであろう出品者から購入する必要があるでしょう。