遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

 MENU

遊戯王 初期 色違いモンスターをイラスト対比でまとめてみる⑦



初期の色違いモンスターをイラスト対比でまとめる記事、今回で最後になりました。最後に相応しい内容になるかはさておいていつも通りまとめます。なお総まとめ記事も近々作成予定です。

 

今回紹介するのはこの24種です。

 

 

f:id:aqn1313:20180307204547p:plain

  

  1. 陸戦型バグロス 水陸両用バグロス
  2. アシッドクロウラー プチモス
  3. 王座の侵略者 王座の守護者
  4. スリーピィ イリュージョンシープ
  5. ディスクマジシャン ホログラー
  6. デビルスネーク フレイムヴァイパー
  7. ゲートキーパー ロイヤルガード
  8. チェンジスライム キラーブロッブ
  9. ひょうすべ サイコカッパー
  10. 魔界の機械兵 マシンアタッカー
  11. 音女 響女
  12. ドレイク ウィップテイルガーゴイル

 

 

今回紹介したラインナップですと、初期コレクターであればこれに気付いている人は多いと思います。

 

f:id:aqn1313:20180307205100p:plain

 

ゲートキーパー」と「ロイヤルガード」はどちらもVol.7収録なので分かりやすい色違いですね。「ゲートキーパー」の門は「髑髏の寺院」っぽいゲートになっています。単に似てるだけで関連していないと思いますが、想像するとちょっと面白いです。

 

f:id:aqn1313:20180307205345j:plain

 

 

 

またこのカードもメジャーな色違いカードですね。

 

f:id:aqn1313:20180307205537p:plain

 

バグロスのフレーバーテキストはこちら。

  • 陸戦型 バグロス
陸上戦闘ロボット。今はダメだが、海でも使えたらしい。

 

フレーバーテキストに従うなら「水陸両用」→「陸戦型」になったと取れますが、「水陸両用 バグロス」の素材に「陸戦型 バグロス」が使われているので「陸戦型」→「水陸両用」が正しい可能性が高そうです。

ただそうなると「水陸両用」→「陸戦型」→「水陸両用」になったということになり、訳アリ感が漂います。

なお3期に入ると関連カードとして「水陸両用バグロス MK-3」が登場します。明らかに改良されて機動力が増していそうです。確かにこれは直接攻撃も頷けます。

f:id:aqn1313:20180307210746p:plain

 

 

 

最後に親分対決としてこのカードを。

 

f:id:aqn1313:20180307211104p:plain

 

フレーバーテキストはこちら。

  • キラーブロッブ
スライムの親分。見た目は同じだが、なめてかかると痛い目にあうぞ。
  • ひょうすべ
カッパの親分。攻撃力は意外と高い。守備力は低め。
 
 
 カッパとスライムの親分だとカッパの親分の方が強いらしいです。

居るか分かりませんが、他に親分がいるか探してみるのも面白そうですね。

 

 

以上で全100種の色違いモンスターの紹介でした。

最後に総まとめ記事をアップしますが、zipで縮小されてない状態の画像を配布予定です。全て1枚に全部まとめてアップするかもしれませんが、結構大変なので反響があればということで。

それではまた。