遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王初期コレクション編⑦ Vol.4 をコレクター目線で解説!

初期Vol.4を集める中で感じたことなどをまとめます。Vol.4よりスタジオダイス版が登場し、極めるならコレクション難度はぐっとあがります。

 

記事を読むに当たって

相場は主にメルカリの相場を主に参考にしています。

また、相場は変動しますので記事作成時の相場になります。

それでは纏めてみましょう。

 

 

Vol.4概要

f:id:aqn1313:20180220003803j:plain

 

・発売日:1999年7月22日

・収録カード:全50種(N38種、R5種、SR3種、UR3種、SE1種)

収録内容(遊戯王wiki)

 

Vol.3との収録レアリティの違いは、NRが無いかわりにURが1種追加されているのみです。カード効果としては魔法カードが種族抹殺カードになっており、より戦略に幅がでてくるようになったパックのようです。

 またVol.4よりスタジオダイス版が登場します。

 

www.yugioh-collector.com

スタジオダイス版については以前記事にした通りです。

 Vol.4はスタジオダイス版が登場する最初のパックですので、全体的にスタジオダイス版の価値は高いと言えます。ただ、私だけかもしれませんが「デーモンの召喚(UR)」のスタジオダイス版は何故か良く見るような気がします...。

 

 

 注目カード

 まずはEX収録があるカードを見てみましょう。

調べたところ「エンシェント・エルフ」「黒い影の鬼王」 「ドラゴヒューマン」「破壊のゴーレム」「魔物の狩人」「闇の暗殺者」「死の沈黙の天使 ドマ」の7種あるようです。

このパックのEX収録がある7種のカードについては、スタジオダイス版が付いていたとしてもどちらの収録か見分けることが難しいですが、大半のスタジオダイス版がEX収録ではないかなと思うので、どちらを集めるかは好みが出そうです。

 

またレアリティ違いは「砦を守る翼竜」「デーモンの召喚」の2種ですね。

 上記の9種はレアリティ、表記を確認する必要があるでしょう。

 

 

 

 

Vol.3でも紹介しましたがこのカードも再度確認しましょう。

 

f:id:aqn1313:20180220010404p:plain

 

封印されしシリーズの初期は収録内容がバラバラです。

左足:Vol.3

右足:Vol.4

左腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本下巻

右腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本上巻

本体:プレミアムパック1

 

初期エクゾディアについて更に踏み込んだ記事はこちら。

www.yugioh-collector.com

 

 

Vol.4の中でのトップレアは「デーモンの召喚」「ハーピィ・レディ三姉妹」の2枚で、どちらも美品1枚1500~2000円ほどで取引されているようです。スタジオダイス版の美品ならその倍の金額でも取引されることがあるようです。また、価格は一段階落ちますが「万華鏡-華麗なる分身-」もある程度の値段で取引されています。

 

f:id:aqn1313:20180220011217p:plain

 

このカードは2期に字レアとして収録されているというイメージが強く、ウルトラレアの相場が高いことはあまり知られていないような気がします。相場としては美品1枚800~1500円ほどのようです。2期字レアは万華鏡感があまりないですが、ウルトラレアになり絵柄が光ると一気にイラストの良さがでてきますね。

 初期カードの中ではかなり好きなカードの1枚です。

 

 

 まとめ

Vol.4のカードはスタジオダイス版を考えなければ、そこまで高額なカードはありません。スーパーレア以下は美品のみで集めようとしても比較的集めやすいと思います。

 

中でも「水の踊り子」の英語版は諸事情により大幅にイラスト修正されているカードのため、差分として1枚は手元に欲しい人も多そうです。

 

f:id:aqn1313:20180220013304j:plain

 

鱗なのか服なのかなんとも微妙です。水を浴びているから鱗かと思いきや、竜に変えるために水を出しているだけなので服とも取れる、なんとも謎をはらんだカードです。

 

 

次回はBOOSTER4を解説します。

それではまた。