遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」が値上がり!4月に強化が来る?



2018年4月14日ブースターパックとして「CYBERNETIC HORIZON」が発売されます。その収録内容として「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」の強化が来るとして話題になっています。今回はそれについてまとめてみます。

 

 

そもそもブースターパックとは?

初期コレクターにとってはお馴染みの言葉でしたが「ブースターパック」が何を指すのか良く分からなかったため調べてみました。

 

・ブースターパック

数種の特定テーマを収録しているパックのこと。昔登場した特定のテーマの強化カードや、パック毎に新しく登場するテーマもある。収録内容に合わせ汎用カードも入っており、パック内のカードのみでもデッキを作成できる。

 

出典が正しいものがなかったため、私自身で調べた内容をまとめました。

このパック内の強化カードとして「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」に関連したカードが収録されるとの噂が4~5日前からあったようです。

正確な情報とは言えませんが、日にちが経つにつれ「信憑性があるのでは?」と話題になっており、その噂が流れた頃から既にカードの買い占めが発生しています。そのため値上がりしているようですね。

 

 

2枚の価格変動

「破滅の女神ルイン」

f:id:aqn1313:20180213203703p:plain

f:id:aqn1313:20180213203855p:plain

 

 

 「終焉の王デミス」

f:id:aqn1313:20180213203958p:plain

f:id:aqn1313:20180213204013p:plain

 

2枚とも直近の価格が大きく右上がりしています。

また、メルカリでの販売履歴を見てみると、破滅の女神ルイン」の方は取引が盛んになっていますが、「終焉の王デミス」の方は現状そこまでではないようです。

 

f:id:aqn1313:20180213204407p:plain

 

 

 

目を向けるのはレリーフの高騰ではない

ここまで読んだ人ならば「レリーフめっちゃ高騰してる!」という印象しか無いと思います。実際にそうまとめている記事は沢山あるでしょう。

ただ、この話題を見たままに「レリーフが高騰している。以上!」と結論付けるのは話の半ばでストップしているようなものです。もっと考察すべきものは実はその先にあります

「レリーフが高騰している!」という事実だけなら記事にするのはそこまでで十分ですし、わざわざその先の考察を公に教える必要も無い訳です。ただこのブログはそこを敢えてまとめます。

 

 

 

実際の値上がりについて

ここで実際の値上がり具合を私の体感で考察します。

 

・「破滅の女神ルイン」

値上がり前はおおよそレリーフ1枚300円程度、コレクター需要もありましたが、4期レリーフということで大きな値上がりはしていませんでした。値上がり後はレリーフ1枚500円程度、スーパー1枚300円程度になっています。

・「終焉の王デミス

ルインと同様に1枚300円前後で取引されていました。ルインの値上がり後も未だ大きな変化はないようです。現状の話題はルインが主なので、まだそこまで注目されていないからかもしれません。(追記:値上がり始めたようです)

 

 

注目すべきこと

1. 価格変動履歴の値段だけで判断しない

途中の内容と真逆のようですが、ここまで読んだ人なら分かると思います。「実際の相場と価格変動履歴の値段に大きな開きがある」のです。これは実際の店舗の値段を元に算出しているため、安い店舗のデータが無くなり「参照するデータ数が偏っている」状態だと思われます。

4期レリーフで再録も1度(と言っても2007年)きりのカードで、そもそものカード枚数が少ないでしょうから、突然需要が増せばお店は品薄にすぐなるはずです。一目で値上がりしたという事実を伝えるだけなら分かりやすいですが、今回の場合その値段を参考にするのはあまり良くないと分かります。

 

2. 値上がり率はレリーフよりスーパーレア

レリーフの相場は、値上がりしているルインだけ考えても現状+200円ほどです。これから更に値上がりしていく可能性があるとして、大きく値上がりしたと見積もっても1000円前後ではないかと思います。

逆にスーパーレアについては「昔なら値段も付かないようなカード」でした。つけるとしても50円~100円がいい所でしょう。それが今の段階で既に1枚300円に近づいています。そう考えるとスーパーレアの方が明らかに元からの値上がり率は高いです。

 

3. その他

ルインの方にばかり注目が集まっているのは「イラストとしての人気」があるためコレクターにもウケが良いことも含まれています。効果だけ見れば明らかにデミスの方が強力です。仮に相当な強化が来た場合、ルインよりデミスの方が値上がりするのではないでしょうか。

また「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」共に使う儀式カードは「エンド・オブ・ザ・ワールド」です。

f:id:aqn1313:20180213212818p:plain

こちらも10年以上前に2度収録されただけのカードで、現在のプレイヤーにはあまり馴染みの無いカードかもしれません。こちらが収録されるかどうかも正確な情報が出る限り断定できません。

正確な情報が出るまではこちらも合わせて注目すべきカードでは無いでしょうか。

また「マンジュ・ゴッド」などの儀式関連カードも値上がりする可能性があるので、レリーフ2枚以外にも注目すべきカードは何枚もありそうです。

 

 

 

駆け足気味でしたが、以上が「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」2枚の値上がり考察です。パック自体は2018年4月14日発売なので、まだまだ先ですね。

デミスはやはり効果が強いのでデッキに入れる人もいたりして印象深いカードでしたが、ルインは全く見かけませんでしたね...。個人的にはルインがデッキに入るような環境を見てみたい気持ちはあります。

どうなるかはまだ分かりませんが、暫くの間は注目すべきカードでしょう。

 

それではまた。