遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王初期コレクション編④ Vol.3 をコレクター目線で解説!

初期Vol.3を集める中で感じたことなどをまとめます。ここから徐々に収録ラインナップに変化がでてきますね。

 

 

記事を読むに当たって

相場は主にメルカリの相場を主に参考にしています。

また、相場は変動しますので記事作成時の相場になります。

それでは纏めてみましょう。

 

 

Vol.3概要

f:id:aqn1313:20180210142757j:plain

 

・発売日:1999年5月27日

・収録カード:全50種(N38種、NR1種、R5種、SR3種、UR2種、SE1種)

収録内容(遊戯王wiki)

 

 収録内容はVol.2と比べ40→50種の計10種増えています。レアリティにシークレットノーマルレアが追加され、ノーマル枠も7種が魔法カードとなっています。

ノーマルカードについては「カードを狩る死神」がノーマルレアなので希少です。相場は500~1000円ほどですが、傷の状態に大きく影響しているため完美品なら1000円以上でも買い手がつくでしょう。このカードは2期の「幻の召喚神」にスーパーレア(PG-10)で再録されていますが、レアリティは上とはいえほぼ値段がつきません。値段が付いたとしても50円~100円が相場です。

また「強欲な壺」は必須カードだったため、ノーマルカードの中では美品を見つけるのが難しい1枚かと思います。

 

f:id:aqn1313:20180210145445p:plain

 

 その他のノーマルカードは基本的に問題ないと思いますが、カード検索で相場を調べる際は注意が必要です。赤枠で囲ったものは他のカードより相場が高く、いずれも100円を超える相場になっていますが、これは「絶版カード」だからです。

初期カードのノーマルカードの相場については、こちらだけで判断するのは少し危ういです。もし単品購入などを検討する場合、色々なサイトで価格を確認した方が良いかもしれません。

 

 

 

注目カード

まずはスタジオダイス版があるカードです。

 

スタジオダイス版はVol.4より登場するため、Vol.3のカードでスタジオダイス版の表記があるものはEX収録で確定します。そのため気になる人は注意が必要です。

同レアリティは「岩石の巨兵」「スカイ・ハンター」「魔人デスサタン」「ルイーズ」の4種、レアリティ違いでは「ホーリー・ドール」「アサシン」「人喰い虫」の3種になります。

上記の7種はレアリティ、表記を確認する必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

一番高価なカードは「真紅眼の黒竜」です。

 

f:id:aqn1313:20180210151607p:plain

 

美品ならば8000~15000円、やや傷があるものなら4000円前後でしょうか。

※記事作成時の概ねの価格です

傷の度合いに寄って値段がかなり大きく変動するので「○○円です!」と断定するのが難しい1枚だと思います。やや傷ありのものが4000円前後で、そこを基準として傷が増えるほどに安くなっているようです。

このイラストのものは、初期ウルトラ・2期ウルトラ、パラレル・3期レリーフなどレッドアイズの中でも高価なものが多いため、イラストの付加価値みたいなものも付いている気がしますね。

 

 

 

 

その他

f:id:aqn1313:20180210152541p:plain

竜騎士ガイアの相場は2017年4月~現在から大きな変動を見せていません。

私の体感ですが1年前と比べて+500円ほどのような気がします。

竜騎士ガイアレリーフの相場の方が大きく値上がりしていますね。

 

 

 

f:id:aqn1313:20180210153520p:plain

合わせてこのカードも押さえておきたいですね。

2期シークレットは1つのパックにまとめて収録されていますが、初期ウルトラは手札に揃える前の収録時点から既にバラバラです。

 

左足:Vol.3

右足:Vol.4

左腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本下巻

右腕:「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」攻略本上巻

本体:プレミアムパック1

 

見事にバラバラですね(笑)

 ファイリングする際もこの5枚を纏めてしまうか、Vol収録ごとに別々に入れるか迷います。人に寄って個性が出るところですが、各2枚ずつ集めても良いかもしれません。

 

 

初期エクゾディアについて更に踏み込んだ記事はこちら。

www.yugioh-collector.com

 

 

以上がVol.3の内容になります。

次回はBOOSTER3を解説します。

 

それではまた。