遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

 MENU

遊戯王初期コレクション編④ BOOSTER2 をコレクター目線で解説!



 初期BOOSTER2を集めた中で感じたことなどをまとめます。1に比べ再録が増えているため見覚えがあるカードが多い印象です。

 

 

BOOSTER2概要

 ・発売日:1999年5月25日

 ・収録カード:全40種(N35種、R5種)

 ・収録内容(遊戯王wiki)

 

 Vol.2の発売が1999年3月27日、Vol.3の発売が1999年5月27日なので、Vol.3とほぼ同タイミングで発売されたようです。そのためかBOOSTER2に収録されている字レアはVol.3の字レアになっています。

※その帳尻を合わせるように、BOOSTER3ではBOOSTERのみの字レアが登場し、Vol.4の字レアはBOOSTER4に収録されています。

 

 

メルカリでの相場

BOOSTER1には及びませんが、総じて相場はBOOSTERの中でもやはり高いです。私個人としても「良品1枚300円」が妥当だと思うカードが大半です。ただ2期の「Booster R1~3」をはじめとして再録されていないものに関しては、イラストの希少性も高まるので「1枚500円以上」でも買い手がつくこともあるようです。

例を挙げると「ザリガン」「バット」「ホワイトドルフィン」「深淵に咲く花」などの絶版カードは、人気がありますし相場も他のものより高いです。

f:id:aqn1313:20180129135821p:plain

昔のゲームをプレイしてた人にとっては割と馴染みがありますよね。

 

 

 

EX収録カード

ガーゴイルと同様、EXにも収録されているカードはBOOSTER2にもあります。

覚醒」「昼夜の大火事」「未熟な密偵」「闇の破神剣」の4枚です。

気になる人はこの4枚は表記に注意しましょう。

 

 

 

備考

カクタス」「機械の巨兵」「マキャノン」の3枚は海外未発売カード(wikiより)で、且つBOOSTER2,Vol.3に収録されたのみで絶版です。そう考えると凄いカードですね。

機械の巨兵も捨てがたいですが、個人的にはマキャノンが好きです。

 

 

それではまた。