遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

 MENU

メルカリで見られる中途半端な値段設定について。ちゃんと意味がある!



例えば、500円で売ればピッタリなのに「499円」になっていたり「555円」になっている事ありませんか?これ意味がちゃんとあるんです。実はこんな些細なところでも相手の意図が見えてきます。

 

この中途半端な値段設定は2パターンが考えられます。

簡潔にまとめていきますね。

 

 

手数料を気にした値段設定

例)333円、555円、1111円など

 

これは値段設定してみると分かります。

f:id:aqn1313:20180119201331p:plain

手数料を引かれ手元に残る利益がピッタリになるためです。

 ただ、これは500円で売るには少し安い場合などに、気持ち値段をプラスする時などのテンプレートに近いです。

 

 

 

相手を気遣った値段設定、若しくは心理的に安く見せる値段設定

例)499円、999円など

 

これも実際に値段設定してみると分かります。

f:id:aqn1313:20180119201558p:plain

f:id:aqn1313:20180119201610p:plain

500円でも499円でも手元に残る利益は同じ450円なのです。

そのため相手を気遣うなら500円で出品予定のものは499円で出します。

また、一番大きな位を一つ下げることで心理的に安いと感じさせる効果も多少なりとありますので、それを狙って設定する場合もあります。

 

 

以上簡潔にまとめてみました。

値段設定ひとつ取っても得られるものはありますね。

それではまた。