遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

 MENU

メルカリでの遊戯王出品編③ 商品の梱包~発送までの注意点など



発送に必要なものが準備できたらあとは梱包して出すだけです。その間の注意事項を分かりやすくまとめます。

 

 

 

梱包方法

商品を梱包する上で重要なのは「防水」「防圧」です。

防水:雨や雨季の湿気による変形を防ぐ

防圧:消印や輸送中の衝撃などを防ぐ

この2つがなされていればカードの発送は問題ありません。

 

それぞれのやり方を何個か紹介していきます。

ここでの防水防圧法は枚数1~20枚の比較的少ない枚数での方法です。

 

  • 防水方法

1. チャック付 収納パックを使う

f:id:aqn1313:20180116194929j:plain

100均で売っているこれを使います。

目安としては、

65枚:カード1~9枚

50枚:カード10~20枚

位なので、この2つあれば大抵の発送は事足ります。

 

 

2. ラップを使う

そんなに沢山発送しない、わざわざ買いたくないなどの場合ラップが良いです。

スリーブに入れ防圧した状態でラップを巻けば最低限の防水になります。

ただ、見栄えが悪くなるので購入者がどう思うかに左右される所があります。

 

 

3. 2重スリーブ以上にする

開き口を変えて2~3重スリーブにすれば濡れる心配は無いと思います。

一番上のスリーブの開き口にセロテープをします。

スリーブが沢山余ってる場合には悪くないと思います。

 

 

  • 防圧方法

1. 要らないカードで補強

発送中何があるか分からないので、前後に要らないカードを挟むことで商品を守ることができます。その場合のカードは遊戯王に限らず何でも良いです。

前後に各1枚でもいいですが、重量に余裕があるなら各2枚がベストです。

 

 

2. ダンボールや厚紙で補強

カードの総枚数が少ない人向け。要らないダンボールや100均で売っている厚紙をカードの大きさに切り抜いて補強します。

ダンボールは守りとしてかなり強いですが厚さを食うので、発送媒体の厚さ制限を確認をした方がいいかもしれません。

やってみると分かりますが切り抜きはかなり面倒です。時間もかかります。

 

またセロテープを使う時は、剝がしやすいように先の0.5mm位を内側に折り曲げ剥がし口を作りましょう。時々嫌がらせか!!っていうぐらい剥がしにくい状態で送られてくることがあります。

ハサミはあまり使いたくない場合が多いので、購入した時の印象が全く違います。

 

 

3. カードローダーで補強

説明不要だとは思いますが1000円以上のカード発送向け。

コレクターであれば、集めているうち勝手に溜まっていきます。

ローダーにラップを巻いてあげると万全です。

 

 

 

 

初心者にありがちなのは、スリーブに入れただけの発送です。

これでも大体は無事に届くのですが、仮に自分が購入者でその状態で届いた時どう思うかは想像に難くないと思います。

無事に届くよう防水と防圧は行いましょう。

 

 

 

その他発送時に気をつけたいこと

初心者などにありがちなことをまとめます。

 

1. 差出人の住所未記入

商品を購入すると評価50以下の人にありがちです。

名前と住所を知られたくないためか宛名だけ書いて送られてきます。

 

これは絶対にやめましょう。理由は簡単です。

万が一住所が間違っていた場合や、住所が読み取れなかった場合など送れなかったときに自分の元に返ってこなくなります

要は紛失します。

 

自分の住所を書きたくない場合は匿名配送などを使うのが当たり前です。匿名配送分の料金を安く済まそうとする常識を欠いている行為なので、こういう形で届くと心証はかなり悪いです。ただ遊戯王というジャンルにおいての購入者は学生以下の年齢になることが多いため宛名を書かなくても許されるケースが多く、50件以上取引している人でも良くない行為だという認識が無い人もいますので注意が必要です。

普通郵便での差出人の記入がない場合について

住所未記入がいかに良くない行為かこれを見て頂ければ分かります。

 

私個人の感覚ですが、取引に慣れてくると相手の名前や住所をいちいち気にしなくなります。何が届いたか確認するために見るくらいです。なので神経質にならずあまり気にしなくて良いと思います。

ただ匿名で送りたいのであれば必ず匿名配送を利用しましょう。

 

 

2. 折曲厳禁を入れると丁寧

履歴書を郵送する場合と同じように書きます。

封筒左下部に「折曲厳禁」と赤字で記入し線で囲みます。

郵便配達の方が気持ち気をつけてくれる程度みたいですが、入れたほうが丁寧です。

スタンプも1000円しない値段で売ってます。

 

 

3. ポストの集荷時間に注意

ポストには集荷時間が書いてあります。

よく出すポストの集荷時間は写真に撮ったり覚えておいたほうが良いです。

集荷時間過ぎに出してしまい翌日集荷になってしまうと、発送通知と消印の日にちが違うと言われることが中にはあるようです。

 

 

4. 高額商品には書留などで送ろう

目安は3000~5000円以上だと思います。

200~300件に1件は発送中に紛失する可能性があります。

意外と紛失は起こりやすいので、高額商品の追跡なし発送は危険です。

トラブルを避けるために必要な手段です。

 

 

 

 

 

まとめ

発送は大変です。

いざ始めるとしても分からないことが多いと思いますが、①~③の内容で大方躓きやすい部分はおさえられたと思います。

「売れる商品はどう出品していく?」「メルカリの出品値段設定のコツ」など記事にしたいものはまだありますが、これらは当ブログの需要が増えてきたら記事にしたいと思います。私のテクニックがかなり含まれるので・・・!

 

出品編はここで一区切りして、次回は購入編の記事も書こうかなと思ってます。

なお、説明した点以外で「これも記事にして欲しい」などありましたら、連絡フォームより気軽にご連絡ください。分かる範囲で記事にしていきます。

 

それではまた。