遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

メルカリでの遊戯王出品編① 商品の状態ってなにを選べばいい?

 これから少しメルカリの出品で躓き易い点をピックアップして記事にしていきます。他のフリマアプリなどにも使えますのでご参考にどうぞ。

 

 

商品状態は最も重要な項目

 まずメルカリでの出品で最初に躓くのは「商品の状態」です。実はこれかなり重要です。メルカリを長く活用している人なら分かると思いますが、これを正しく選択できていないと一気に悪い評価に繋がります

 

f:id:aqn1313:20180112213824j:plain

 

 「商品の状態」を正しく選択することが何故重要かというと、フリマアプリで重要な出品者の信用度に大きく影響するからです。

 どんな人か分からない人とネットを介し取引する以上、信用できる出品者かどうかは購入する時の重要な判断基準のひとつです。悪い評価が多いことも信用に関わりますが、写真では傷が目立つのに商品の状態が「目立った傷や汚れなし」になっていたら信用できるでしょうか?購入側としては本当に商品が届くかどうかさえ不安になってきます。

 「出品者がどんな人か」を購入者は限られた少ない情報だけで見ているため、当然のこととはいえ、正しい状態を選ぶ必要があります。

 そこで、実際にどの位の状態ならこれを選ぶというのを、私の判断基準で簡単に説明していきます。

 

 

新品、未使用

 これはもう新品だけです。

 開封していないものに限ります。

 

 

未使用に近い

 ワンオーナー品で、プレイに使っていないものに限ります。

 開封して直ぐに出品する場合などに多いですが、大切に管理してきて傷が無いことに自信を持てる場合は選択してもOKだと思います。

 これを選ぶことはかなり少ないです。何故なら、メルカリ内では「目立った傷や汚れなし」を選んでいる時点で美品と捉える傾向が高く、わざわざこちらを選ぶメリットがないためです。

 個人的なイメージでは「未使用に近い」は完美品級でないと妥当な評価と言えないため、小さな傷の見落としであっても評価に繋がる可能性があります。

 

目だった傷や汚れなし

 その名の通り、カードを良く見ても傷や汚れが無かった時に選択します。

 未使用との違いは、友達から貰ったり、お店で単品購入したり、パックから出てからの入手経路が明確でないものにつける場合が多いです。勿論自分で入手したものを出した場合に選択する場合も多いです。

 また、万が一小さな傷の見落としがあった場合、「未使用に近い」よりかは妥協して評価して貰える可能性があります。

 

やや傷や汚れあり

 ここの評価が難しいです。この「やや」をどう捉えるか人によって全く違うので評価に影響し易いです。人によってはほとんど傷が無いような綺麗なカード、人によってはボロボロの酷い状態のカードに対して付けたりするため評価が分かれやすいです。

 そういった背景から、ここの評価はなるべく厳しくつける必要があり、私の場合はほんの小さな傷1つでもあった場合はこの評価にします。

 

f:id:aqn1313:20180112222101j:plain

f:id:aqn1313:20180112222108j:plainf:id:aqn1313:20180112222112j:plain

評価の目安

奇跡の復活:普通のやや傷あり

砂塵の悪霊:やや傷ありの限界ライン

 

 

 

傷や汚れあり

 ややではない傷の時に選びます。具体的には、カードをある程度遠くから見たときでも傷が確認できるぐらいの状態に選択することが多いです。

 

f:id:aqn1313:20180112222115j:plain

f:id:aqn1313:20180112222120j:plainf:id:aqn1313:20180112222125j:plain

評価の目安

孵化:普通の傷や汚れあり

ニードルウォール:傷や汚れありの限界ライン

 

 

 

全体的に状態が悪い

 明らかに傷がある場合です。

 例えばカードに大きな折れがある、使い込まれていて表面やカードの四隅に傷が酷いなどの時に選択します。

f:id:aqn1313:20180112222130j:plain

f:id:aqn1313:20180112222136j:plainf:id:aqn1313:20180112222056j:plain

評価の目安

心変わり:大きな折れありの目安

サイコチャージ:傷や汚れありよりも酷い使用感の目安

 

 

 まとめ

 おおまかな判断基準としては上記の通りです。

 商品の状態だけでなく、商品説明に細かい傷の程度を書いておけば、購入者から普通以下の評価を付けられることは少なくなります。購入者には色々な人が居るので、上記の通りに状態を選択していても、勝手に誤解されて低評価を付けられるケースも少なくありません。そのため面倒ではありますが、傷があるものは具体的にどんな傷があるのか書いておいたほうが良いと思います。

 それではまた。