遊戯王のコレめせ!

コレクターの目線から遊戯王を分析するブログ。最新情報・相場情報・コレクターのための情報など幅広くまとめます。

遊戯王 初期スタジオダイス版について



今回はスタジオダイス版について少し話します。

 

f:id:aqn1313:20180108213211j:plain

 

はじめに

記事のサムネ画像は以前ヤフオクにて6700円で落札された

心変わりのスタジオダイス版の画像です。

 

初期のスタジオダイス版が話題になったのは何と言ってもこの記事でしょう。

遊戯王 スタジオ・ダイス版とは? 偽物のわな5600円落札の秘密

 

 

 

この記事を簡潔にまとめると以下の内容です。

  1. 2期が発売されたことで1期の表記に今まで無かったスタジオダイスが増えた
  2. Vol.4~7に見られ、スタジオダイス版の方が希少
  3. その中でもレア以上、特にノーレアは更に希少
  4. ノーレア、スタジオダイス、状態も美品だったため高額となった

以上がその秘密のようです。

 

 

 パック発売日から秘密を探る

ここで1歩踏み込んで記事の鍵となるパックの発売日をまとめます。

 

  • Vol.1 1999年2月4日発売
  • Vol.4 1999年7月22日発売
  • Vol.7 2000年1月27日発売

f:id:aqn1313:20180108211433j:plainf:id:aqn1313:20180108211427j:plainf:id:aqn1313:20180108211430j:plain

 

  • Magic Ruler -魔法の支配者- 2000年4月20日発売

f:id:aqn1313:20180108211740j:plain

 

この日付からも分かる通り2000年4月下旬前後に製造された初期カードは、表記がスタジオダイス版になったと考えられます。

Vol.4~Vol.7までにスタジオダイス版があるということは、発売から9ヶ月経ってなおVol.4が製造されていたというのは驚きですね。

また、合わせて初期デッキのEXSTARTER BOXの発売日も見てみます。

 

  • EX 1999年12月16日発売

f:id:aqn1313:20180108211437j:plain

 

  • STARTER BOX 1999年3月18日発売

f:id:aqn1313:20180108211422j:plain

 

発売日を確認して漸く分かりました。

コレクションをしていると気付くのですが、EXはスタジオダイス版の割合が高くSTARTER BOXにはスタジオダイス版が無いのです。

 EXは2期以降に主に生産されていたのかもしれません。

 

まとめ

初期のスタジオダイス版はモノに寄っては希少!

特にレア以上で美品は希少価値が高いと思います。

ノーマルレアに限っては、ノーマルということもあり雑に保管されるケースが多いので、美品ならレアカードよりも希少じゃないかなと思います。ただ、EXのスタジオダイス版に限ってはそこまで希少では無いと私は思います。

ノーマルのスタジオダイス版についてはそこまで希少では無いと思います。ただここまで読むと分かるかと思いますが「Vol.4に近づくほど珍しい」のでモノに寄っては美品1枚100円~200円でも欲しい人は結構いるのでは無いかと思います。逆にVol.7のものは特に気にしていなくともスタジオダイス版だったみたいなことが結構ありました。

総括すると、スタジオダイス版は高額になりうるカードではありますが、そもそも初期コレクターで且つスタジオダイス版を熱心にコレクションしている人はごく少数だと思います。2017年秋頃のコレクター需要も徐々に落ち着いてきていますので、それらを考慮した方が良いでしょう。

それではまた。

 

 

合わせてスタジオダイス版が登場するVol.4の記事はこちらになります。

 

www.yugioh-collector.com